VAGUE(ヴァーグ)

ブガッティ「ヴェイロン」の2倍の価値! 「EB110」はどうして急騰したのか

スタンツァーニなど、スーパーカーレジェンドが携わった奇跡の1台

 2021年8月、2年ぶりに開催されたモントレー・カーウィークでは、RMサザビーズ北米本社が3日間にわたって開催した巨大オークション「Monteley」も注目を集めた。

 そこで今回VAGUEが注目したのは、1950年代末をもって途絶えた名門、ブガッティの再興を目指したイタリア人実業家、ロマーノ・アルティオーリ氏の命によって開発された「EB110SS」である。この伝説的なスーパーカーのオークションレビューをお届けしよう。

  • 「グリジオ・キアーロ(ライトグレー)」のボディに、EB110SSでは珍しい「ネロ・インキオス(ブラック)」のインテリアの組み合わせ(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

●ライバルはマクラーレン「F1」

 故パオロ・スタンツァーニを筆頭とする当時のレジェンド的エンジニアたちが、その持てる技術を結集したのが、EB110である。

 カーボンモノコックで構成される車体に、4基のIHI(石川島播磨重工業)製ターボチャージャーを装着した3.5リッターV12エンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせ、前衛派ブガッティの名に違わず「20世紀の自動車テクノロジーの最終到達点」の称号に相応しい1台に仕立てられていた。

 1991年、パリ・デファンスとヴェルサイユにて発表され、1992年後半頃から正式デリバリーが開始したEB110は、標準版に相当する「GT」では560ps、1992年に追加発売された高性能・軽量版「SS(1993年までは“Super Sports”、それ以降は“Sport Stradale”に改称)」では610psものパワーを発揮し、それぞれ342km/hと351km/hの最高速をマーク。同時代のマクラーレン「F1」やジャガー「XJ220」とともに世界最速スーパーカーの座を競った。

 また車両生産のみならず、「Ettore Bugatti」ブランドでアパレルや食器、バッグ類なども製作。すべてのライフスタイルにおいても、往年のブガッティ的な総合芸術に挑もうとしたものの、1995年のブガッティ社経営破綻に伴ってEB110の生産も終了してしまう。

 しかし、カーボンモノコックに4基のターボ、4WD駆動方式などは後の「ヴェイロン」や「シロン」にも踏襲され、現代ブガッティの定石として受け継がれることになった。

 生産終了までにカンポ・ガリアーノ本社工場から送り出されたEB110は139台(ほかに諸説あり)とされ、そのうちの約30台のみが新車時から「SS」として製作されたといわれている。

Next「ヴェイロン」の2倍の価格になった「EB110」
Gallery【画像】貴重なブガッティ「EB110」のディテールはどうなっている?(33枚)

page

RECOMMEND