VAGUE(ヴァーグ)

おしゃれ着洗剤も自動投入! 洗濯の手間を軽減する洗濯乾燥機でじぶん時間を充実させよう

手間が省ける上に洗濯機周りがスッキリ!

 パナソニックのななめドラム「NA-LX129A」と「NA-LX127A」は、ニットやウールなどのデリケートな衣類を洗うのに最適な“おうちクリーニングコース”を搭載した洗濯/乾燥容量が12kg/6kgのドラム式洗濯乾燥機だ。

 ポイントは、液体洗剤や柔軟剤に加えて、おしゃれ着洗剤までも最適なタイミングと量を自動で投入してくれること。いまや液体洗剤や柔軟剤を自動で投入してくれる洗濯機は少なくないが、同機はおしゃれ着洗剤用のタンクも追加した業界初の“トリプル自動投入”に対応。衣類を入れて最適なコースを選べば、全自動で乾燥までお任せできるようになった。ちなみにタンクの容量は、液体洗剤が約1010mL、柔軟剤が約890mL、おしゃれ着洗剤が約730mLとなっている。

  • 液体洗剤や柔軟剤に加えて、おしゃれ着洗剤までも最適なタイミングと量を自動で投入してくれるななめドラム「NA-LX129A」と「NA-LX127A」

 パナソニックの広報・守山みずきさんは「洗剤や柔軟剤の自動投入機能を搭載するメリットは、計量・投入の手間をはぶけるだけではない」と語る。

「洗濯機が置かれているサニタリールームは、洗濯用はもちろん、浴室用などさまざまな洗剤類のボトルが保管されていて、煩雑になりがちです。でも、洗濯機に洗剤自動投入機能があれば、それらのボトルを置いておく必要がありません。そのため、洗濯機周りがスッキリとしますよ」

 ななめドラム「NA-LX129A」と「NA-LX127A」は、おしゃれ着をやさしく洗う洗濯コース「約40℃つけおき(おしゃれ着)」や「約40℃おしゃれ着」、「約30℃おしゃれ着」も搭載。とくに「約40℃つけおき(おしゃれ着)」コースは、約40℃の温水でつけおきと脱水をおこない、おしゃれ着についた黄ばみなども除去できる。

●普段着もキレイに洗濯してくれる

 おしゃれ着だけでなく普段着もしっかりと洗い上げてくれる点も、ななめドラム「NA-LX129A」と「NA-LX127A」の魅力のひとつだ。

 なかでも両モデルには、新たに“スゴ落ち泡洗浄”が採用された点に注目したい。注水前に内蔵の泡生成ボックスで高濃度の洗剤液に空気を引き込みながら泡を生成した後、勢いよく槽内へと噴射。この“高浸透バブルシャワー”により、泡を繊維の奥まで浸透させることができ、汚れを強力に落としてくれる。

 さらにドラム(洗濯槽)の動きを変化させることで、洗濯槽の落差を利用して衣類の汚れをたたき出す「たたき洗い」や、衣類を前後に入れ替えながら洗う「もみ洗い」、洗濯槽を高速回転させることで遠心力によって洗う「押し洗い」でしっかり洗浄。

 そのほかにも、白物衣類の除菌を期待できる60℃の温水での「約60℃おまかせ」コースや、「化繊60分」コース、タオルをふんわりと仕上げる「タオル専用」コース、毛布の洗濯に特化したコースなど、多彩なコースを搭載している。

「洗濯は、家事のなかでも負担のかかる作業でした。そうした負荷を少しでも軽減し、浮いた時間をほかのことに使っていただければ、より皆さまの生活が豊かになると考えています。パナソニックはそんな思いから、さまざまな家電製品を開発しています」(守山さん)

 ちなみに、ななめドラム「NA-LX129A」と「NA-LX127A」はWi-Fi機能を搭載しており、外出先からコースを選んでの洗濯開始や洗濯の予約をおこなえる。たとえば留守中に設定しておけば、帰宅後は畳んで仕舞うだけでOKだ。家事という仕事(ワーク)を減らし、ワーク・ライフ・バランスをととのえるのにも役立つ便利な機能といえるだろう。

●製品仕様
・価格:各オープン価格
・本体サイズ:W604×D722×H1011mm
・重さ:約82kg
・乾燥方式:ヒートポンプ式

Gallery【画像】“おしゃれ着”をやさしく手間なく洗えるパナソニックななめドラムの詳細をチェック(6枚)

RECOMMEND