VAGUE(ヴァーグ)

街乗りからツーリングまで! 長距離ライドや坂道もラクにこなせる注目の“e-Bike”3選

大容量バッテリー搭載モデルなら長距離もイケる

 帝国データバンクの調べによると、2020年度の自転車マーケットは過去最高を記録。なかでも人気となっているのが、電動アシスト自転車だ。

 新しい生活様式にマッチした移動手段として注目が集まる電動アシスト自転車のなかでも、いまおすすめしたいのが、e-Bike(イー・バイク)と呼ばれるカテゴリー。スポーツバイクや折り畳み自転車に電動アシストユニットを搭載したモデルのことで、電動アシストの効果により長時間の移動や坂道でも疲れにくくラクに走れるのが特徴だ。

 そのため街の散策はもちろんのこと、ちょっとしたツーリングにも対応。なかには大容量バッテリーを搭載し、長距離ツーリングもカバーするモデルも登場している。

 ここからは、電動アシスト機能によって軽快な走りを楽しめる上に、坂道や長距離ライドもラクにこなせる3台の注目モデルをご紹介しよう。

  • 東京2020大会ケイリン種目の先導車開発で得られたノウハウがフィードバックされたパナソニックの新型「XU1」

●東京2020で活躍したケイリン先導車の技術が息づく

 パナソニックの新型「XU1」(25万1000円・消費税込)は、東京2020大会ケイリン種目の先導車開発で得られたノウハウがフィードバックされたe-Bikeだ。

 先導車の開発で得られた知見がもっともフィードバックされているのがフレームで、前輪を支えるフロントフォークの角度を寝かしたことで走行時の安定性が向上。フレーム全体の重心位置を下げることで、日常の速度域でも安定した走行感を得られるようにしている。

 またその結果、フレームをまたぐ位置が40mm低くなり、小がらな人でも乗りやすくなったのはもうひとつの美点といえるだろう。

 そんな「XU1」は、従来モデルから700×50Cという太いタイヤを装着し、前後フェンダーやキャリアを装備していた。そこに走行時の安定性を高めた新設計フレームが組み合わされたことで、街乗りだけでなく長距離ツーリングへの対応力にさらに磨きがかかっている。

  • e-Bikeの心臓部ともいうべきドライブユニット(モーター)にシマノ製「E5080」を搭載した

●ミニベロとe-Bikeの融合で街乗りからツーリングまでカバー

 自転車トラック競技でロサンゼルス・オリンピックのカナダ代表選手にもなったルイ・ガノーが設立したLOUIS GARNEAU(ルイガノ)は、競技志向のモデルからカジュアルに街乗りを楽しめるモデルまで、充実のラインナップを展開。そんな同ブランドが手がけた最新のe-Bikeが、ミニベロ仕様の「EASEL-E(イーゼル・イー)」(21万7800円・消費税込)だ。

 前後20インチの小径タイヤを採用し、外装8段変速ギアを組み合わせたミニベロ仕様で、e-Bikeの心臓部ともいうべきドライブユニット(モーター)は、乗降性に優れたフレーム中央部にシマノ製「E5080」を搭載する。

 フレームは「390mmサイズ」と「450mmサイズ」の2種類で、18kg(390mmサイズ)という軽量設計も魅力。タイヤ径は小さいがギア比が最適化されているので、スピードを維持して走ることも可能だ。ちなみにアシスト走行可能距離は、ECOモード使用時で105kmとなっている。

  • MATE. BIKEの「MATE CITY」はフレーム中央部から、高さ68cm、長さ90cm、幅40cmにまで小さく畳めるのが美点

●小さく折り畳めるから愛車に積んで出かけられる

 デンマーク・コペンハーゲン発のMATE. BIKE(メイトバイク)が手がける「MATE CITY(メイトシティ)」は、シンプルでおしゃれなルックスも魅力の折り畳み可能なe-Bikeだ。

 フレームにバッテリーを内蔵し、バッテリー容量の違いで13Ahの「MATE CITY」(27万5000円・消費税込)と17Ahの「MATE CITY+」(31万9000円・消費税込)の2タイプをラインナップ。最大アシスト距離はそれぞれ80kmと120kmとなる。

 タイヤは街中での使い勝手に優れる1.5インチ幅で、前後に装着されたサスペンションにより段差などを乗り越える際の衝撃吸収性がアップ。20インチタイヤの小径モデルは段差などでハンドルを取られる場合も多いが、そうした課題をクリアしている。

 走りの要となるモーターは、リアホイールのハブ(車軸)部分に一体化。日本国内の法規に合わせてアシスト速度の上限は24km/hに設定されていて、別途、変速ギアとしてシマノ製の外装7段を採用する。

 そんな「MATE CITY」の最大のメリットは、コンパクトに折り畳めることだ。ハンドルを畳み、フレームの中央から折り畳める構造で、高さ68cm、長さ90cm、幅40cmにまで小さく畳めるので、クルマの荷室にも気軽に積載可能。アウトドアや旅先での移動ツールとしても活躍する。

Gallery【画像】街乗りからツーリングまでカバーするe-Bikeの注目モデルをチェック(9枚)

RECOMMEND