VAGUE(ヴァーグ)

プレーヤーやアンプと直接つなぐから信号劣化なし! サウンド第一で選ぶ“有線”ヘッドホンBest3

音にうるさい上級者におすすめの有線ヘッドホン

 じっくりと音楽を楽しみたい人におすすめの高音質ヘッドホン。なかでも音質第一で選ぶなら、おすすめはやはりワイヤードタイプだ。

 優れた携行性と利便性で人気のワイヤレスヘッドホンは、Bluetoothで接続する分、厳密に見るとどうしてもスポイルされる音域が生じる。ワイヤレス接続に欠かせないBluetoothの技術も昨今、進化してはいるものの、接続にともなう音楽信号の減衰という点ではやはり“有線”タイプが有利となる。

  • 携行性・利便性に優れているワイヤレスヘッドホンだが、音質第一で選ぶならワイヤードタイプがおすすめだ

 たとえば、ボーカルの歌声に含まれる息づかいといった微細な音は、ワイヤレスヘッドホンの場合つぶれてしまって聞こえないこともあるが、ハイスペックの有線ヘッドホンはそうした繊細な音もしっかりと再生できる能力に優れる。音の解像感が高い分、音場という空間の広がりも確実に感じられるのだ。

●アンプなど周辺機器のグレードアップも重要

 そんなワイヤードタイプの人気は、数年前のハイレゾブームを経た結果、以前に比べてよりストイックに音質を追求したモデルが主流に。音質にうるさい上級者をも満足させるハイスペックモデルに集約されてきた印象がある。

 つまり、どのモデルを選んでも音質に不満を抱くケースは少なくなっているのだが、それだけに、プレーヤーやアンプなどの性能が音質を左右してしまうことがある。

 そのため鑑賞時はプレーヤーとダイレクトにつなぐよりも、ヘッドホンアンプを経由して再生したほうがヘッドホン自体の性能をフルに引き出せる。ヘッドホンだけでなくこうした周辺機器のグレードアップも、ワイヤードヘッドホンで最高の音を楽しむ上での重要なカギを握っているのだ。

 ここからは、おすすめの有線ヘッドホン3モデルの特徴をご紹介したい。

  • フランスのハイエンドオーディオブランドであるフォーカルの開放型ヘッドホン「CLEAR MG」

●4年もの歳月を掛けて開発した独自の振動板を搭載

 フォーカル「CLEAR MG」(17万500円・消費税込、以下同)は、開放型ヘッドホンのハイパフォーマンスモデルだ。

 フランスのハイエンドオーディオブランドであるフォーカルが4年もの歳月をかけて開発した“マグネシウム・ドーム振動板”を搭載。これにより、緻密で臨場感ある音質を実現する。

 開放型ヘッドホンは、原音に対して着色などのない、ありのままの音を再生する機種が多いなか、「CLEAR MG」は他の開放型とは一線を画す空間の広がりを感じさせるのが特徴。バランス接続に対応した“XLR-4Pケーブル”とキャリングケースも同梱する。

  • ソニー「MDR-1AM2」のハウジングには制振性に優れた樹脂素材を使用。不要な振動を抑えてくれる

●あらゆるジャンルの音楽を原音に忠実に再生

 ソニー「MDR-1AM2」(オープン価格)は、広帯域再生を実現する40mm径の“HDドライバーユニット”を搭載したワイヤードヘッドホンの人気モデルだ。

“アルミニウムコートLCP振動板”の形状を最適化し、迫力がある低音域とクリアで繊細な高音域、可聴帯域をはるかに超える超高音域の再生を可能にし、ハイレゾ音源もクリアに再生する。

 ドライバーなどを収めるハウジングには、制振性に優れた樹脂素材を使用。不要な振動を抑えてくれるため、クリアな音質に貢献する。小型軽量化とイヤーパッドの改良で、リスニング時の快適性に優れる点も魅力だ。

  • ベイヤーダイナミック「T1 3rd Generation」は、第3世代となる本機から開放型へと変更された

●見た目にも美しいハンドメイドの実力派

 ベイヤーダイナミックの「T1 3rd Generation」(オープン価格)は、独自の“テスラドライバー”を搭載したワイヤードヘッドフォン。従来モデルまではセミオープン型だったが、シリーズ第3世代となる本機から開放型へと変更された。

“テスラドライバー”は1テスラ=1万ガウス超という強力な磁力により、電気信号だけでは表現できなかった高い解像度、広いダイナミックレンジ、ひずみの低減を実現。本機に組み込む際にはドライバーの特性をひとつひとつを計測し、それぞれ数値のマッチングがいいペアどうしを搭載することで音質の誤差を解消している。

 また「T1 3rd Generation」は、見た目の美しさも魅力のひとつ。つや消しアルマイト加工を施したアルミ製のアームや、高級人工皮革を配したヘッドバンドなど、各パーツの耐久性や質感も吟味されている。

Gallery【画像】音にうるさい上級者にもおすすめのワイヤードヘッドホンの注目モデルを見る(10枚)

RECOMMEND