VAGUE(ヴァーグ)

【受賞の秘訣は?】「ペブルビーチ・コンクール」に日本から参加したロールス・ロイスに密着

コロナ禍での「ペブルビーチ」2度目の挑戦

 クラシックカーによるコンクール・デレガンスの世界最高峰に君臨する「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」では、アメリカ国内をはじめとする全世界のコレクターたちが愛車を持ち込み、そのコンディションや来歴の正統さを毎年競っている。

 PGA全米オープンの会場としても世界にその名を轟かせる名門ゴルフ場「ペブルビーチ・ゴルフリンクス」18番ホール周辺を舞台におこなわれるこのコンクール・デレガンスは、規模・格式ともにきわめて高く、エントリーは完全招待制。出展総数は約200台という制約があるのに対して、世界各国から毎回1200台から1500台のエントリー希望が寄せられるという「狭き門」をくぐりぬけて会場に愛車を並べるのは、自動車エンスージアストとして最高の栄誉のひとつとされている。

 そんなペブルビーチ・コンクールに、近年積極的にチャレンジしているのが、日本を代表するクラシックカー・コレクターのひとりとして知られる涌井清春氏。氏は2021年は8月15日に開催された第70回のペブルビーチ・コンクールに、1930年型ロールス・ロイスをエントリーさせた。

  • ドアを開いてジャッジの審判を待つ、涌井氏のファントムIIコンチネンタル

●新型コロナ禍のため、2年越しとなったエントリー

 ことの起こりは、おととし2019年であった。この年、ロールス・ロイス/ベントレーを専門に所蔵する私設博物館「ワクイミュージアム」の創業者である涌井清春氏は、長年所有してきた1921年型「ベントレー3リッター」ゲイルン製ツアラーとともに、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスに初参加を果たしていた。

 1950年から始まったペブルビーチ・コンクールが第69回を迎えたこの年は、ベントレーにとっても創業100周年という節目であったことから、メインフィーチャーブランドとして車種別の「ベントレー」クラスが設定されたことから、最初期に市販されたベントレー3リッターのひとつで、新車時のオリジナルボディが残されている一品製作のゲイルン製ツアラーとともに、世界の晴れ舞台に挑むことにした。

 そして、この会場で確たる感触をつかんだ涌井氏は、第70回となる2020年のペブルビーチ・コンクールに「第二次大戦前のロールス・ロイス」クラスが設定されることを聞かされ、同氏が所有するロールス・ロイスのなかでもとびきりの1台、1930年型「40/50HpファントムIIコンチネンタル」カールトン製ドロップヘッドクーペをエントリーさせようと決意する。

 かくして昨2020年1月にエントリーフォームを送付し、同年4月には正式に招待されることがコンクール事務局から伝えられたものの、新型コロナウイルス禍によってこの年のコンクールは、丸一年の順延となってしまう。それでも涌井氏のロールス・ロイスは昨年の段階で正式な招待を受けており、そのエントリー権が今年ようやく発効したことになる。

 2年前、1921年型ベントレー3リッターでエントリーした第69回ペブルビーチ・コンクールでは、初めての参加ということで賞典を狙うコンペティション審査を受けない選択をした。しかしこの夏の第70回では、日本のレストア技術を本場のスペシャリストや識者の方々に見てもらうためにも、正式な審判を受けることとしていた。

 そして、第二次大戦直前まで活動していたコーチビルダー「カールトン(Carlton)」が一品製作した2座席(+ランブルシート)のロールス・ロイスは、1930年代初頭のデザイン様式をみごとに体現したスタイリッシュなワンオフ・ボディで、きっとペブルビーチでも素晴らしい存在感を発揮してくれると期待していたのである。

Next「ペブルビーチ」では実際にどのような審査がなされているのか?
Gallery【画像】狭き門「ペブルビーチ」での厳しい審査とは(18枚)

page

RECOMMEND