VAGUE(ヴァーグ)

【厳選】コロナ禍で注目集まるボート業界 ブガッティやレクサスが手掛けたラグジュアリー・クルーザーとは

高級カーブランドが、どうしてボートを手掛けるのか?

 スーパーカーおよび超高級プレステージカーと、高級モーターボート&ヨットの親和性の高さは、ここで改めて述べるまでもあるまい。洋の東西を問わず高級艇の並ぶマリーナの駐車場を見まわせば、スーパーカーや超高級サルーン、近年では超高級SUVなどがズラリと並ぶさまに目を見張ることになるだろう。

 とくに2010年代を迎えると、スーパーカーやプレミアムカーをつくる自動車メーカーと、高級ボート/ヨットをつくる造船メーカーのコラボレーション企画として、驚くほどにゴージャスなモーターボート/モーターヨットが続々と誕生しているのだ。

  • アストンマーティンAM37

 スーパーカーやプレミアムカーが自らのブランド名を掲げ、高級モーターボート/モーターヨットを製作するという事例は、20世紀から21世紀に時代が進んだのちにも散発していたといわれるが、そのムーブメントがはっきりとしたものとなってきたのは、2010年代も中盤を迎えた時期と思われる。その転機となったのは、2016年9月の「モナコ・ヨットショー」に参考出品された、2隻の超高級ボートだろう。

●Sクラスクーペを想起させるデザイン

 まずは、メルセデス・ベンツを擁するダイムラーから発表されたのが「アロー460グラントゥリズモ(Arrow460 Granturismo)」というモーターヨットである。

 ダイムラー・グループに属する「シルヴァーアロー・マリーン(Silver Arrows Marine)」と「メルセデス・ベンツ・スタイル」のコラボによるもので、全長は約14.2m。なだらかなラインを描くキャビンのデザインは、明らかにSクラス・クーペを想起させるものとなっていた。

 パワーユニットは日本の「ヤンマー6LY440」型4.4リッター直列6気筒440psのディーゼルエンジンを2基搭載する。

●アストンマーティンのスポーティな世界観

 一方、英国のアストンマーティンも、オランダのヨットブランド「クインテッセンス・ヨット」との共同開発による「AM37」を、同じモナコのショーにて初お披露目した。

 AM37はその名のとおり全長37フィート(約11.3m)、リアシートに最大8人が乗船可能な「デイクルーザー」タイプで、速度別にふたつのバージョンが設定されるという。

 スタンダードのAM37は370psのディーゼルエンジン、ないしは430psのガソリンエンジンを搭載し、設計上の最高速度はともに45ノット(約83km/h)。一方、高性能バージョンの「AM37S」は520psのガソリンエンジンを搭載し、最高速度は50ノット(約93km/h)に達すると謳われた。

 いずれのAM37も、内外装はカーボンファイバーをふんだんに使用し、アストンマーティンのイメージを完全に投影したものとなっている。

Next陸の王者たる「ブガッティ」は、海でも王者になりうるのか?
Gallery【画像】ブガッティやアストンマーティンのボートとは?(10枚)

page

RECOMMEND