メルセデス-AMG「GT 4ドアクーペ」は、直列6気筒モデルを狙え

メルセデス-AMGのフラッグシップである「GTクーペ」の4ドアモデルともいえる「GT 4ドアクーペ」に、直列6気筒エンジンを搭載した「GT 53 4MATIC +」がラインナップされた。V型8気筒エンジンではないGTの存在意義とは。

見栄えもよくてちょうどいいのが「GT 53 4MATIC +」

 メルセデス-AMG社の独自開発車両といえば、2シーターの「メルセデス-AMG GT」が思い起こされるが、そのセダン版ともいえるのが「メルセデス-AMG GT 4ドアクーペ(以下AMG GT 4ドアクーペ)」だ。

 AMG GT 4ドアクーペには、4リッターV型8気筒エンジンを搭載した「GT 63 S 4MATIC(以下GT 63 S)」と3リッター直列6気筒エンジンを搭載した「GT 53 4MATIC +(以下GT 53)」、「GT 43 4MATIC+(以下GT 43)」の3つのラインナップがあるが、AMGを積極的に購入検討している人には、じつはGT 53が狙い目だ。

AMGのトップモデルが纏う、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリル

 AMG GT 4ドアクーペでGT 53を推す最大の理由に、車両価格がある。3つのラインナップの車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

・GT 43:1198万円
・GT 53:1623万円
・GT 63 S:2397万円

 上位機種になるにつれ、ハイスペック&豪華装備が標準装備になるため、エンジンの違いだけでの価格差ではないことを付け加えておこう。GT 43にGT 53と同程度の装備をオプションで追加すると、さらに200万円ほどプラスとなり、両車の車両価格の差は縮まる。

 AMG GT 4ドアクーペを選ぶ人は、まずAMG独自のエクステリアデザインを気に入っている人たちだろう。AMGの4ドアクーペならば、「CLS 53 4MATIC」もラインナップにあるが、通常モデルのCLSとの差異は非常にわかりづらくなっている。

 ロングボンネットとふたつのパワードーム、上下方向に細く、幅の広いデザインのマルチビームLEDヘッドライト、縦にルーバーの入ったAMG専用ラジエターグリルなど、あきらかにAMG GTファミリーであることがわかるAMG GT 4ドアクーペは、「AMGを所有している」という満足感を得やすいクルマだ。

 コストパフォーマンスでいえば、GT 43がもっとも優れているように思われるが、AMGモデルを積極的に購入しようという人には、そのネーミングにひとつ大きな落とし穴がある。

 GT 43は直列4気筒エンジンを搭載したA45 Sよりも車格の上では格上なのだが、直列6気筒エンジンを搭載したGT 43の方が、ネーミングでは格下に見えるという矛盾である。
 
 A 45 Sは421馬力、GT 43は367馬力であるので、そもそもエンジン屋であるAMGとすれば当然のネーミングだろう。むしろA45 Sがいかに凄いクルマであるかという証明でもある。

 しかし、AMGのフラッグシップたるGTのセダン版として見ると、A 45 Sより格下に思われるのは心外だ。AMGを積極的に選ぶ人にとっては、このAMGファミリー内でのヒエラルキーは非常に大切なのだ。

 じつはGT 43とは、同門ではメルセデス・ベンツ「CLS 450 4MATICスポーツ」(車両価格1079万円)やポルシェ「パナメーラ4」(1283万3333円)などを購入検討している人にとっての競合車種であって、最初からAMGを指名買いする人が選ぶクルマではない、と考えるほうが妥当だろう。

Gallery:【画像】通好みのAMG、「GT 53 4MATIC +」をたっぷり見る!(21枚)