VAGUE(ヴァーグ)

フェラーリ「ポルトフィーノM」が持つ姉妹車「ローマ」とは似て非なるドライブフィーリングとは?

存続する確率は低、貴重なV8のFRフェラーリ

 マラネッロがブランド入門用として8気筒エンジンをフロントに積んだリトラクタブルハードトップ(RHT)の2+2FRモデルをラインナップしたのは、2008年のことだった。

 1950年代の名馬から「カリフォルニア」という名を拝借するほどの力の入れようで、RHTとしたのも、そして狭いながらも+2としたのも、その門戸を広く開放するための戦略であった。

 要するにメルセデスベンツ「SLクラス」のAMGモデルやポルシェ「911ターボカブリオレ」あたりを好んで乗る層をターゲットにしていたのである。

 事実、発売当初には購入者のざっと7割がフェラーリにとっての新規ユーザーで、その実用性の高さとフェラーリのGTカーらしい性能で人気を集めたものだった。

  • フルLEDのヘッドライトを採用したフロントフェイスは、水平基調のワイドルックになっており、ヘッドライト外側には、フロントホイールハウスへ通じるエアダクトが隠されている。(C)柳田由人

 当初は自然吸気エンジンだったが、2014年には「カリフォルニアT」へとマイナーチェンジ、ダウンサイジングターボを積み、パフォーマンスも劇的に向上する。

 カリフォルニアの系譜に連なる後継モデルが「ポルトフィーノ」で2017年のデビュー。V8ターボをフロントに積むリア駆動の2+2RHTモデル、という基本のコンセプトこそ変わらないものの、デザインはもちろんシャシも一新され、パワートレインも大幅に進化するなど、もはやブランド入門用というレッテルが似合わないほどに優れたGTカーとなっていた。

 そんなポルトフィーノもまた2020年にマイナーチェンジ。「ポルトフィーノM(モディフィカータ)」へと進化する。カリフォルニアのモデル周期を思い出すとちょっと早い気もするが、おそらく今後の電動化への道のりを逆算してちょっと早めのマイナーチェンジになった。

 そう、フェラーリの電動化プランが今、徐々に明らかになりつつある。量産モデルのトップ・オブ・レンジに新たに据えられたモデルは、伝統の12気筒モデルではなくV8ミドシップ+プラグインハイブリッド4WDシステムの「SF90」シリーズであり、また、主力シリーズの事実上の後継モデルとしてV6ミドシップ+プラグインハイブリッドRWDシステムの「296GTB」が登場している。

●最後のV8搭載FRになるか

 こうなってくるとポルトフィーノの次世代が8気筒を素直に積んでくるとは思えない。おそらく噂の「FUV(フェラーリSUV)」とパワートレインを共有する6気筒プラグインハイブリッドになるのではないか。もしそうなれば、このポルトフィーノMは貴重な最後のV8FRということになるのだが……。

 もっとも今現在は、そんなV8 FRモデルが2種類あって、とても悩ましい。一昨年に「ローマ」という、とにかく見栄え麗しいモデルが追加されたからだ。ローマはクーペのみで、インテリアのデジタル化が進んでおり、シャシ周りのセッティングも異なるけれど、その中身はポルトフィーノMとほとんど同じ。

 いずれも620psを発揮する3.9リッターのV8ツインターボを積み、8速DCTと組み合わせている。車両価格はローマの方が60万円ほど安いが、オーバー2500万円のクルマでその程度の差は誤差というものだろう。

NextポルトフィーノMはGT性能で際立っていた
Gallery【画像】煮詰められた魅惑のV8 FR「ポルトフィーノM」を見る (13枚)

page

RECOMMEND