新型コロナに対抗! ランボルギーニがサージカルマスクの製造を開始

ランボルギーニは、イタリア・サンタアガタボロネーゼにあるスーパースポーツカー製造工場の一部を改造し、外科用マスクと保護用プレキシガラスシールドの製造を開始した。

ランボルギーニの室内装飾作業員がサージカルマスクを製造

 ランボルギーニは2020年3月31日、外科用マスクと保護用プレキシガラスシールドの製造を開始した。

イタリアの国旗色で照らされたサンタガタボロネーゼの歴史的な本社ビル

 マスクは、ボローニャのS・オルソラ病院に寄付され、COVID-19パンデミックとの戦いに使用される。

 製造は、イタリア・サンタアガタボロネーゼにあるスーパースポーツカー製造工場の一部を改造しておこなわれ、ランボルギーニ車のインテリアと特別なカスタマイズを担当する技術者により、1日1000枚のサージカルマスクが生産される。

 また、医療用シールドは、炭素繊維製造プラントと研究開発部門内の3Dプリンターを使用して、1日200ユニット作られる予定だ。

 活動はエミリアロマーニャ州によってサポートされており、ランボルギーニ製の医療機器は病院へ配達される前に、ボローニャ大学の医科学外科により検証テストがおこなわれる。

 ランボルギーニ会長兼CEOであるステファノ・ドメニカリ氏は、この活動について次のようにコメントした。

「この緊急事態の間、私たちは具体的な貢献をする必要性を感じています。

 S・オルソラ病院は、私たち労働者の健康を保護するプログラムの推進と研究プロジェクトの両方で専門のコンサルタントを通じ、長年にわたって協力関係を築いてきた機関です。

 私たちは組合で働き、このパンデミックとの戦いの最前線にいる人々をサポートすることで、この戦いに勝利します」

 さらにランボルギーニは、新型コロナウイルスによる緊急事態に直面している国全体に対する統一と支援の印として、毎晩、サンタガタボロネーゼの歴史的な本社ビルをイタリアの国旗色で照らしている。

Gallery:【画像】ランボルギーニのスーパーカー工場でマスクが作られる様子を画像で見る(12枚)