VAGUE(ヴァーグ)

0-100キロ加速2.6秒!「軽さは命」を地でいくドンカーブートの最終ロード仕様「D8 GTO」誕生

最強ドンカーブート「D8 GTO」誕生

「No compromise=妥協しない」という言葉を企業哲学に掲げるオランダのドンカブート・アウトモビーレン社は、創業者のヨープ・ドンカブートによって(オランダ語での発音では、正確にはドンケルフォールトに近い)設立されたメーカーだ。

 当初ドンカブートがおこなっていたのは、ケータハム製セブンのキットカー販売だったのだが、おもに安全上の理由で政府によって禁止されると、独自のセブン・レプリカの開発と生産をおこなうことになる。そうした経緯から1978年にデビューしたのが、ファーストモデルの「S7=スーパー・セブン」であった。

  • 0-100km/h加速は2.6秒のドンカーブート「D8 GTO」

 1978年に生産を開始したS7は、その後「S8」、「S8A」、「S8AT」と、1990年代半ばまで進化を続けるが、ここまでのモデルに搭載されていたのはフォード製2リッター直列4気筒、もしくは2リッター/2.2リッター直列4気筒ターボで、もっとも高性能だった2.2リッターツインターボのS8ATの最高出力は190psにも達していた。

 彼らの企業哲学をそのまま具現化したかのようなクルマは、限られたパワーで走りの極限を追求するために、快適性などに妥協しない硬派な造りが徹底されていた。

 1999年になると、ドンカブートは新たにドイツのアウディとエンジン供給の契約を締結。1.8リッター直列4気筒ターボで始まったアウディ製エンジンの搭載は、ドンカブートの速さ、そして信頼性に対する評価を一気に高める直接の理由となり、多くのセブン・レプリカが市場から消えていくなかで、ドンカブートは残された数少ない選択肢として人気を集めることになる。

 さらに21世紀を迎えると、ドンカブートは続々と高性能モデルを発表。2005年に25台の限定車として誕生した「D8 270RS」は、車名のとおり270psのアウディ製1.8リッターターボを搭載するモデルで、さらにはE-Gasの使用も可能となっていた。この270psユニットは2008年発表の「D8 270」や「D8 GT」にも受け継がれている。

  • 1978年の「S7」から妥協することなく走る楽しさを追求して行き着いたドンカーブート「D8 GTO」

●ラスト「D8 GTO」は435馬力!

 そして今回発表されたのが、2013年にデビューを飾った「D8 GTO」の最終モデルだ。

 このGTOにはアウディ製の2.5リッター直列5気筒ターボエンジンが採用されており、最高出力はカスタマーの選択で340psから380psまでを発揮させることができた。

 さらにアウディのチューニングではドイツでもっとも多くの実績を誇るABTスポーツラインが、このGTOをベースに420ps仕様という究極のスポーツモデル「D8 GTO-JD70」を限定生産したこともある。

 そのD8 GTOがニューモデルへと進化したのである。エクステリアはよりスピード感とシンプルな造形を意識させるものに徹しており、インテリアも例によってレーシーな雰囲気だが、カスタマーは自分の好みによってインテリアの素材や6速のシーケンシャル・ギアボックス、スポーツサスペンション、4輪ABSなどのオプション装備を加えていくことが可能だ。搭載されるエンジンは、ABTスポーツラインの435ps仕様である。

 車両重量が680kgということもあって、リア駆動でありながら0-100km/h加速は2.6秒と、最新のスーパーカー並みもしくはそれ以上の俊足である。ただし最高速度は280km/hと、300km/h超えが当たり前の最新スーパーカーには及ばないものの、ドンカーブートのケータハムセブンのようなボディならば、体感速度は相当なものであることが容易に想像できる。

 参考までにこのD8 GTOのベース価格は16万2900ユーロ(税別)。邦貨に換算すれば1800万円ほど。これにオプション装備の価格が加わっていくため、いわゆるセブン・レプリカのライバルと比較しても、ドンカブートがいかに高額であるかがわかるだろう。

 余談になるが、ドンカブートではミニチュアモデルも積極的にリリースしている。メインとなるのは1/43スケールで、GTOだけでも数タイプのカラーバリエーションが揃う。

 ドンカブートによれば、今回のGTOでロード仕様のモデルは最終型になるという。はたしてヨープ・ドンカブートの次なる策とは、どういうものなのか。もしかするとそれは、近く明かされるのかもしれない。

Gallery【画像】走る楽しさをダイレクトに感じられる「ドンカーブート」とは(24枚)

RECOMMEND