VAGUE(ヴァーグ)

着地の際の衝撃を前方への推進力に変換! 画期的なシューズに内蔵された異次元の新技術

驚きの推進力は着地の際の衝撃から生まれる!

 アディダスから、着地の際の衝撃を前方への推進力に変えるランニングシューズ「adidas 4DFWD(4Dフォワード)」の新色(4色)と、新モデル「adidas 4DFWD PULSE(4Dフォワード パルス)」(6色)が発売された。

  • 着地の際の衝撃を前方への推進力に変換する格子状ミッドソール“adidas 4DFWD”を搭載した「adidas 4DFWD」

 ランニングの際、シューズの推進力はいかに重要なファクターなのか? アディダスジャパンの福田 新さんはこう語る。

「ランニングの目的やレベルは人によってさまざまですが、シューズがもたらす推進力はあらゆるランナーにいい影響を与えてくれます。

 たとえば、目標タイムに挑むようなシリアスランナーにとっては、推進力がもたらすスピードが1分1秒といった記録の向上につながりますし、健康やリフレッシュのためにランニングを楽しむファンランナーにとっては、推進力による気持ちのいいランニング体験自体が、走ることを継続するためのモチベーションになります。

 近年はテクノロジーが進化したことで、『adidas 4DFWD』のように走る際の推進力を得られるランニングシューズが続々と登場しています。ご自分に合った1足を選んでいただくことがとても重要ですね」

 ランニング時のキーファクターとなる推進力を、スムーズな体重移動と、まるで空を駆けているかのような独自の走り心地で実現したという「adidas 4DFWD」。それはどのような技術によって具現したものなのだろう?

●前進テクノロジー搭載の最先端ミッドソール

 アディダスが約20年間にわたって蓄積してきたアスリートのデータをもとに、3Dプリント技術を持つカーボン社と協業して2018年に発表したのが、世界初となるミッドソール“adidas 4D”だ。当時、革新的だったこの技術を、新たに格子状ミッドソール“adidas 4DFWD”によってさらに進化させたのが、今回登場したシューズ「adidas 4DFWD」である。

「格子状ミッドソール“adidas 4DFWD”には、“前進テクノロジー”と呼ばれる技術を搭載しています。格子構造には、500万パターンもの種類のなかから“FWD CELL”と呼ばれる蝶ネクタイ状のものを採用。これは、ひとつひとつの格子が、垂直方向の衝撃に対して前方へ押し出すような反発を生み出す特別な構造となっています。

 このミッドソールが、垂直方向の衝撃力を水平方向の前進運動へと変換します。同時に、これによってランニング中のアスリートが経験する着地時のブレーキや衝撃を、平均で約15%減少させることに成功しています」(福田さん)

 格子状ミッドソール“adidas 4DFWD”の開発に際して、アディダスはカナダ・カルガリー大学で前進運動、制動力、ランニングエコノミーといった生体力学の分析やテストをおこなった。その後、アメリカで選抜されたエリートランナーをはじめ、世界中のアディダスランナーを対象としたテストを実施。また、アリゾナ州立大学で最先端の認知機能テストを通じた開発もおこなっている。

 こうして完成した「adidas 4DFWD」は、材料の約39%にバイオベースの素材を採用するなど、サステナビリティにも配慮したシューズに仕上がっている。

●“adidas 4DFWD”を配した新しいモデル

 ここからは、今回リリースされた2モデルの違いについて見ていこう。

 新色が追加された既存モデル「adidas 4DFWD」は、マッピングデータに基づいて生み出された“PRIMEKNIT+(プライムニット+)”とよばれる、まるで靴下のようなフィット感を得られるアッパーと、新開発の“前進テクノロジー”を搭載した格子状ミッドソール“adidas 4DFWD”を組み合わせたシューズだ。

 一方、ブランニューモデルの「adidas 4DFWD PULSE」には、衝撃吸収性を高めるためにユニークなデザインを施している。格子状ミッドソール“adidas 4DFWD”を配したヒール部は、EVAミッドソールも組み合わせることで、ソフトな着地と推進力をもたらし、スムーズな足運びをサポートする。

 また、3層構造のメッシュアッパーは、横方向と進行方向それぞれに、シームレスに伸縮するよう設計。ミッドソールやアウトソール、そしてアッパーが調和することで、ヒールが着地した瞬間から前方へと牽引されるかのような、スムーズかつ快適な走りをサポートする。

 長年の研究と最新テクノロジーの融合によって誕生した格子状ミッドソール“adidas 4DFWD”は、前方への推進力がスムーズな足運びをサポートし、新しいランニングスタイルを提供してくれる。ランの質が上がれば、おのずとパフォーマンスも高くなるはずだ。

●製品仕様
☆adidas 4DFWD
・サイズ:22.0-31.0cm
・価格:2万7500円(消費税込)

☆adidas 4DFWD PULSE
・サイズ:22.0-31.0cm
・価格:1万9800円(消費税込)

 https://shop.adidas.jp/

Gallery【画像】ランニング時の着地の衝撃を前方への推進力に変換する“adidas 4DFWD”のスゴさを見る(5枚)

RECOMMEND