VAGUE(ヴァーグ)

琵琶湖のほとりに誕生! 関西初のプライベートプールつきグランピングテントはラグジュアリー感満点

琵琶湖のほとりにゆったり過ごせる豪華なグランピング施設

 琵琶湖ほとりに、優雅な過ごし方を提案するアウトドアリゾート「グランピングヴィレッジ滋賀今津浜」がオープン。“リゾートグランピングドットコム”での予約受付がスタートした。

「グランピングヴィレッジ滋賀今津浜」がたたずむのは、琵琶湖の湖西に位置する今津浜。近隣には今津浜水泳場があり、夏は湖水浴を楽しむこともできる。2000本を超える黒松並木“湖西の松林”が広がる、ゆるやかな曲線をえがく砂浜とあいまって、白砂青松の美しい湖岸景観も楽しめるロケーションだ。

  • 琵琶湖の湖西に位置する今津浜にたたずむ「グランピングヴィレッジ滋賀今津浜」

 同施設は、グランピングスタイルのテントが10棟のみというぜいたくなつくり。直径7mという人気の大型ドームテントや、ふたつの大型ドームテントを連結させた大人数対応のコネクトドームに加え、関西初のプールを設置した2棟の豪華なサファリテントも用意する。

「『グランピングヴィレッジ滋賀今津浜』は1棟貸切タイプなので、プライベートプールも自由にお楽しみいただけます。夜はゆらめく水面、またたく星々を眺めながら、優雅な時間をお過ごしいただけます」

 このように施設の魅力を語るのは、ブッキングリゾート広報の森下さん。また、専用のプライベートガーデンにはファイヤーピット(たき火台)も完備され、炎を眺めながらグラスを傾けたり、マシュマロを焼いたりと自由な時間を過ごせるのだ。

 さらに同施設では、燻製づくりやたき火でつくるポップコーンといった、アウトドアならではの体験型コンテンツも用意。家族での思い出づくりにも最適だ。

●ナイトバースペースや天然温泉の貸切風呂も

 共有スペースにあるキャンプファイヤーのとなりには、透明ドームを設置。夜になると幻想的にライトアップされ、グランピング気分をさらに盛り上げてくれるとともに、ドーム内がセルフサービスのナイトバーとなり、ビールやワインを無料で味わえる。

 また施設内には、天然温泉を楽しめる貸切温泉も用意。グランピングでアウトドアを楽しんだ後につかる温泉は、極上のひとときだ。

「貸切温泉だけでなく、すべての客室にお風呂や個別のトイレを完備しています。はじめてアウトドアライフを体験されるお子さまや女性の方、ファミリーの方々にも快適に滞在していただけます」(森下さん)

 琵琶湖の水面を吹き抜ける心地よい風に吹かれながら、心身ともにリラックスできる「グランピングヴィレッジ滋賀今津浜」で優雅なグランピングを楽しみたい。

●施設概要
・施設名:琵琶湖グランピング グランピングヴィレッジ滋賀今津浜
 https://glamping-imaduhama.com/
・住所:滋賀県高島市今津町浜分363番地
・宿泊棟数:10室

☆スタンダードドーム<2ベッドタイプ>
・客室数:4室
・定員:2-6名

☆スタンダードドーム<4ベッドタイプ>
・客室数:2室
・定員:2-6名

☆コネクトドーム
・客室数:2室
・定員:4-7名

☆プール付きサファリテント
・客室数:2室
・定員:2-6名

※Resort Glamping.com(リゾートグランピングドットコム)
 https://www.resort-glamping.com

Gallery【画像】琵琶湖のほとりにテント10棟のみというぜいたくな施設「グランピングヴィレッジ滋賀今津浜」の詳細を見る(6枚)

RECOMMEND