VAGUE(ヴァーグ)

ジープ「レネゲード」に限定車登場! ブラック仕上げの専用パーツでスタイリッシュに演出

ブラック仕上げの専用パーツによりエクステリアをスタイリッシュに演出

 FCAジャパンは2021年9月18日、ジープのコンパクトSUV「レネゲード」に、専用の内外装パーツを採用し、装備を充実させた限定車「Renegade Night Eagle(レネゲード・ナイトイーグル)」を追加する。車両価格(消費税込)は324万円で、350台の限定販売だ。

  • ジープ「Renegade Night Eagle(レネゲード・ナイトイーグル)」

●レネゲード・ナイトイーグルってどんなモデル?

 レネゲード・ナイトイーグルは、アウトドアのみならずアーバンシーンにも溶け込む、レネゲードのオールラウンドSUVとしての個性を強めた限定車である。エクステリアには、特別なボディカラーや限定車専用のデザインが与えられ、インテリアには上質感と利便性を高めるアレンジが施されるなど、デザインと機能の底上げが図られている。

●レネゲード・ナイトイーグルのデザインへのこだわりとは?

 エクステリアには、引き締まった印象を与えるブラックグリルをはじめ、グロスブラック仕上げのリアバンパーディフレクターやテールランプベゼルを採用。アルミホイールはベース車の16インチに対し、レネゲード・ナイトイーグルではグロスブラック仕上げが施された専用18インチアルミホイールを採用するなど、堂々たる足回りに仕上げられている。

 また、ジープバッジとレネゲードバッジはそれぞれブラックとグラナイト仕上げとされ、限定車の特別感を演出する。

 ボディカラーは、通常はベース車には設定のないスレートブルーP/C(200台限定)と新色のグラファイトグレー(150台限定)が設定され、いずれもブラックインテリアが組み合わされることになる。

 またインテリアの随所に、グロスブラックのアクセントがあしらわれると共に、手触りの良いソフトタッチ素材のドアアームレストやセンターコンソールを採用。荷室には荷物の種類や量に応じてアレンジが可能なリバーシブル高さ調整機能付カーゴフロアが採用されている。

 さらに、通常はベース車に設定されないオートヘッドライトや雨量感知機能付ワイパーが特別装備されており、夜間や雨の日にも快適な運転環境を提供。そのほかの装備は、ベース車の「ロンジチュード」に準じており、テクノレザーステアリングホイールやApple CarPlay/Android Auto対応のAM/FMラジオ、オートエアコンディショナーなどが装備されている。

 さらに車庫入れをサポートするParkSense(リアパークアシスト)や、Parkview(リアバックアップカメラ)、LaneSense(車線逸脱警報プラス)など、運転支援機能も充実。限定車専用の内外装パーツにより、特別感が高められたレネゲード・ナイトイーグルは、乗るたびにドライブが冒険に変わる歓びを感じられる1台となっている。

Gallery【画像】レネゲード・ナイトイーグルの特別装備と主要装備とは(17枚)

RECOMMEND