VAGUE(ヴァーグ)

BAPEとティンバーランドがコラボ! へイプヘッドがカモフラされたシューズとは

BAPEの楽しさとプレイフルな魅力、そしてティンバーランドのよりグリーンな未来へのコミットメントを反映

 ティンバーランドとBAPEがコラボレーションを発表し、ティンバーランドの永遠のアイコンシューズ「スリーアイ クラシックラグ」と「プレミアム ウォーター プルーフ チャッカブーツ」の2足のコラボシューズを発売した。

  • ティンバーランドとBAPEのコラボシューズ

●ティンバーランドってどんなブランド?

 ティンバーランドは1973年に創業した、米国ニューハンプシャー州ストラザムに本社を構えるグローバルなアウトドアライフスタイルブランドである。

 ニューイングランドの厳しい自然のなかで働く人々のためにデザインされた、オリジナルイエローブーツで世界的な知名度を持ち、現在ではスタイルにこだわるだけでなく、アウトドアを楽しみながら、自然をしっかりと守っていくという意思を持つすべての人々に、上質なフットウェア、アパレル、アクセサリーのフルコレクションを提案している。

 そんなティンバーランドは、「よりグリーンな未来こそがより良い未来だ」という強い信念を持っている。この信念のもと、責任を持って製品を製造し、自然を守り、世界中のコミュニティを元気にするための取り組みを長年実践。そしてこれからも急速な環境変化に対し、効果的かつ具体的なアクションをおこなっていく予定だ。

●ふたつのコラボシューズとは?

 スリーアイ クラシックラグシューズは、ティンバーランドならではのシルエットやカラー、こだわりの手縫い製法はそのままに、BAPEにより靴紐部分にポップなグリーンカラー、ボディにはBAPEオリジナルCAMOプリントが加えられている。

 プレミアム ウォーター プルーフ チャッカブーツは、ロゴにはBAPEオリジナルCAMOがプリントされ、ティンバーランド特有のアイコンカラーやシューレースデザイン、4列ステッチや頑丈なラグソールが加えられているのが特徴だ。

 いずれのスタイルも、素材はティンバーランドが誇る「ベターレザー」を採用。このベターレザーは、改良した水、エネルギー、廃棄物管理を実践して環境に配慮した製造活動が認められ、レザー・ワーキング・グループによるシルバーまたはそれ以上の評価を受けているタンナリー(皮革工場)からのみ調達されているという。

 さらには、リサイクルプラスチックを50%以上使用したReBOTL(リボトル)ファブリックや、使用済みリサイクル素材55%のプリマロフトインシュレーションといった環境に配慮した素材が使われている。

 今回のドロップモデルのローンチでは、BAPEの楽しさとプレイフルな魅力、そしてティンバーランドのよりグリーンな未来へのコミットメントが反映されており、自然の要素に囲まれたセットのなかでの「アーケード」をテーマとするLOOKBOOKも公開されている。

※ ※ ※

 BAPE X Timberlandコレクションの価格(消費税込)は、スリーアイクラシックラグシューズが2万900円、プレミアムウォータープルーフチャッカブーツが2万2000円。

 2021年8月21日より、A BATHING APE正規取り扱い店舗及びWEB STORE、ティンバーランド直営店(伊勢丹新宿PC4、なんばウォーク、公式オンラインショップ)、UNDEFEATED公式オンラインショップにて販売中である。

Gallery【画像】ティンバーランドとBAPEがコラボレーションしたプレイフルでグリーンなシューズとは

RECOMMEND