VAGUE(ヴァーグ)

13年の時を経て「レア 2008」が遂にリリース! 黄金色に輝くティアラをまとったシャンパーニュとは

黄金色の輝くティアラをまとったヴィンテージ

 日本リカーが取り扱うプレスティージュ・シャンパーニュブランドである「レア・シャンパーニュ」が、ブランド史上12番目のヴィンテージとなる「レア 2008」の販売を開始した。

  • 時代を超えて受け継がれるセーヴル焼きとレア・シャンパーニュのコラボレーション

●レア・シャンパーニュとは?

 レア・シャンパーニュは1785年に創業し、2018年にパイパー・エドシックから独立した、プレスティージュ・シャンパーニュブランドである。

 シェフ・ド・カーヴが「レア」らしいシャンパーニュになると判断された年にのみ限定数で生み出される、まさにレアなシャンパーニュで、過去にレアの名を冠したシャンパーニュが生産されたのは、1976年、1979年、1985年、1988年、1990年、1998年、1999年、2002年、2006年、そしてレア ロゼの2007年、2008年のわずか11回。

 レア・シャンパーニュの起源は、フランス王妃マリー・アントワネットへ献上された1本のプレスティージュ・キュヴェにまで遡ることができ、そのためボトルのデザインは、王妃へのオマージュとして黄金色に輝くティアラの柄となっている。

 1885年、王妃に献上されてから100周年を記念した限定ボトルシリーズ「ラ・キュヴェ・デュ・サントネール(100周年ヴィンテージ)」を発表。ロシア皇帝アレクサンドル3世御用達の宝石商ピエール=カルル・ファベルジェによってダイヤモンドなどの宝石が施された豪華なデザインであったが、当時の技術では再現が難しく、その100年後にこのデザインに基づいてヴァン・クリーフ&アーペルによって、レア1976が創作される。これが、レアのファーストヴィンテージだ。

 2018年には老舗ジュエラー、メレリオとコラボレーションした限定コレクションボトルのレア「ル・スクレ」コレクションを発表するなど、「シャンパーニュの宝石」とも呼ばれ、気高く、革命的な挑戦を今も続けている。

 そんなレア・シャンパーニュは、アペリティフや食中酒として、またデザートに合わせて楽しむこともでき、どのようなシーンでも、特別な空間と時間を生み出してくれる。

 料理ならジンジャーとレモンを添えた牡蠣や、バターでソテーした帆立のクリームソース添え、舌平目のグリルなどの魚介系と好相性だ。デザートならパッションフルーツやマンゴーを使ったものが良いだろう。

 レア・シャンパーニュを体験することは、フランスの文化、芸術、生活様式を体験することである。大切なひと時を、ラグジュアリーで心豊かなものにしてくれるだろう。

●待望の「レア 2008」ってどんなシャンパン?

 シャンパーニュ地方にとって2008年は、疑う余地もなく偉大なる年である。その豊かなヴィンテージは、世界を代表する多くの著名なワイン誌のヴィンテージ部門において、非常に高い評価を受けている。そして、レア・シャンパーニュは、もっとも遅くこのヴィンテージを発表するメゾンのひとつとなった。

 そしてシャンパーニュ地方に訪れた2008年の恵みを長い年月にわたり、努力と情熱を絶やさず表現することで完成させたレア 2008は、セラーでの約13年の時を経て2021年、遂にリリースされたのだ。

●最高級のおもてなし展でのパートナーとして選出された「レア・シャンパーニュ」

 レア 2008の世界同時販売に先駆けて、パリのギャルリー・アヴリーヌにてプレローンチイベントがおこなわれ、世界40か国、1000人を超えるワイン関係者がオンラインで参加した。

 ギャルリー・アヴリーヌでは、「フランスの美食文化・ユネスコ世界無形遺産登録10周年」と「セーヴル製陶所創設280周年」を記念して「最高級のおもてなし」展を開催。この企画展のパートナーとして、レア・シャンパーニュが選出されたのである。

 この企画を手掛けたギャラリーのオーナーであるマレラ・ロッシは、レア・シャンパーニュを選んだ理由について次のようにコメントしている。

「見てください。セーヴル焼を中心としたこれらの調度品に、レアは完全に溶け込んでいます。レアがセーヴル焼きと同じように、フランスの食卓芸術そのものを体現しているシャンパーニュだからです」

 これは、時代を超えて受け継がれるセーヴル焼きとレア・シャンパーニュが、どちらも同じフランス芸術文化としての概念を共有しているからこそなしえたコラボレーションであり、同企画展は「シャンパーニュの宝石」と称えられるレア・シャンパーニュに相応しい、特別な1日となった。

●「レア 2008」商品概要

・商品名:レア 2008/750ml(単品/箱入り)
・製品価格(消費税込):2万5000円/2万7500円
・品種:シャルドネ70%/ピノ・ノワール30%

Gallery【画像】 黄金色の輝くティアラをまとったシャンパーニュとは

RECOMMEND