VAGUE(ヴァーグ)

至高のハイパフォーマンスカー「アルピナ B3」E90を今狙うべき大きなワケとは【中古車至難】

1000万円オーバーの麗しいアルピナを300万円台で

 アルピナ車を新車あるいは新車に近い高年式中古車として購入した人にとっては由々しき問題なわけだが、「そもそも中古車狙いである」という人間にとってはラッキーな話だ。なにせ1000万円超級だった「絹×数倍」が、せいぜい300万円台ほどの予算で狙えてしまうのだから。

「でも、そんな安くなったアルピナの中古車なんてボロいんじゃないの?」

 そんな疑問の声もあるだろう。

 もちろん、ボロいものもある。だが「そうではなもの」も、当然ながら存在している。

「新車と比べればボロい」というのは当たり前の話だが、あくまでも1台の中古車として見た際に「……ぜんぜん悪くないというか、むしろいい感じなんじゃないの?」と思える300万-400万円ほどのE90型アルピナ B3 ビターボは、割と普通に存在しているものなのだ。

  • ディーゼルモデルの「D3」も存在する。ボディタイプは「B3」、「D3」共にセダンとツーリング、そしてクーペがラインナップされ、「B3」にはカブリオレも用意されていた(C)Alpina GmbH & Co. KG

●アルピナの修理代は本当に高いのか?

「でもでも、アルピナは修理代が高いでしょ?」

 そんな声もあるのかもしれない。

 もちろん「アルピナ専用部品」はけっこう高い。厳密に言えば5万kmで終わるといわれている純正ショックアブソーバーや、最高品質レベルの超扁平タイヤなどは高くつく。またブッシュ類もBMW用のそれより肉厚であるため、BMW 3シリーズ用のブッシュと比べれば高額だ(ただ、肉厚な分だけ長持ちしたりもするのだが)。

 そういった部分についての出費はノブレス・オブリージュ的に引き受けるほかないが、その他の部分についてはBMWとの共通部品も多く、そのコストはさほどのものではない。もちろん国産車と比べれば高いが、そこを過剰に気にする人はそもそもアルピナに興味を持たないというか、BMWにすら興味を持たないだろう。

 そしてまたE90世代のアルピナB3ビターボは「しょっちゅう壊れまくってまいっちゃうよ」という類の輸入車でもない。そりゃ機械製品ゆえに壊れることだってあるが、「弱点だらけで閉口してしまうクルマ」では決してないのだ。

……というようなことをツラツラと考えていたら、「もしもいいモノさえ見つけられたなら、さほどのカネはかけずとも超絶極上なタッチを堪能できるE90世代のアルピナB3ビターボは、もしかしたらかなり“お買い得”なのではないか?」と思うに至った次第である。

 この考えにご賛同いただけるかどうかはわからないが、もしもご賛同いただけたなら、あるいは賛同はしないまでもご興味を持っていただけたなら、E90型B3ビターボの中古車事情をちょいとチェックしてみることをおすすめしたい。

Gallery【画像】極上という言葉がぴったりの「アルピナ E90世代 B3」を見る(9枚)

page

RECOMMEND