VAGUE(ヴァーグ)

アウトドアでも家飲みでも お洒落でサステナブルな西海岸発ワインタンブラー登場

プラスチック製品削減を目的にアメリカで設立されたステンレスボトルブランド

 ウエニ貿易は、同社が日本総代理店を務めるアメリカ・カリフォルニア発のステンレスボトルブランド「Mizu(ミズ)」の真空二層構造保温保冷ワインタンブラーの販売を、2021年8月30日に開始した。

  • Mizu「真空二層構造保温保冷ワインタンブラー」

●「Mizu」ってどんなブランド?

 Mizuの設立者、Jussi Oksanen(ユシ・オクサネン)は、オリンピックのフィンランド代表、X Gamesでの金メダル獲得といった輝かしいキャリアを持つ、史上最高のバックカントリースノーボーダーのひとりである。

 アラスカでの撮影で使い捨てペットボトルがいかに深刻な環境問題を引き起こしているかを目の当たりにしたことをきっかけに、水分補給のニーズを満たし、自身のスタイルに合った再利用可能なボトルを探し求めたという。

 そして、そういったボトルを必要としているのは自分だけではないことに気づき、その理想を形にするべく2008年に会社を立ち上げた。

 ブランド名は日本語の「水」に由来しており、環境への敬意、健やかで心豊かな暮らし、洗練された美しさなど、たくさんの想いを、このシンプルな日本人にとってなじみの深い名前に込め、製品づくりに取り組んでいるという。

 さらに「1% FOR THE PLANET」に加盟しており、売上の1%が環境保護活動をおこなう団体に寄付されるなど、積極的にSDGsに取り組み、ブランドをとおして、サステナビリティの一端を担っている。

 2020年には、ファッション小物以外の製品でサステナブル社会への貢献に寄与したいという思いから、時計、ファッション雑貨、フレグランス等の海外ブランドやトレンドアイテムを取り扱う専門商社であるウエニ貿易と、Mizuの製造販売をおこなうMizu,Incが販売代理契約を結び、日本への本格上陸を果たしている。

●Mizu「真空二層構造保温保冷ワインタンブラー」とは?

 コロナ禍における生活意識の変化によって、外食をする機会は減り、オンライン飲みや家飲み需要が急増している昨今。お酒を飲む時間までもをお洒落にするワインタンブラーが登場した。

 ワインをより美味しく感じさせてくれるボウル形状にし、温度を保つ役割の他、ほこりやごみの混入を防ぐ蓋を付属。真空二層構造により、冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいまま長期間持続する。

 冷たい飲みもの注いだ際、一般的なグラスだとどうしても気になってしまう結露は、真空二層構造のタンブラーを使用することで発生が抑えられ、温かいものを入れても、熱が伝わることがないため、安心して手で持つことが可能となる。

 本体には錆びにくく耐久性に優れた18/8ステンレス(別名:SUS304)が採用されているため、ワイン以外のアルコール飲料、スポーツドリンクやスープなど、塩分を含む飲み物を本体に入れて使用することもできる。

●真空二層構造保温保冷ワインタンブラー商品概要

・商品名:真空二層構造保温保冷ワインタンブラー
・色展開:3色(ブラック、ステンレス、ホワイト)
・容量:0.33L(330ml)
・寸法:H11.7×W8.8cm
・口径:7.8cm
・重量:194g

Gallery【画像】真空二層構造の保温保冷ワインタンブラーとは?

RECOMMEND