VAGUE(ヴァーグ)

東京2020のケイリン先導車から生まれた技術が電動アシスト自転車の走りを変える!

50km/hでも安定して走れるケイリン先導車

 オリンピックの自転車競技・ケイリン種目は、7名までの選手がトラックを6周して争われる。途中までは、先導車が選手たちの風よけになりながら段階的に速度を50km/hまで上げ、残り3周で離脱して以降は選手たちだけのレースとなる。

 従来、先導車にはバイクが用いられることが多かったが、パナソニックではカーボンニュートラル社会への取り組みやCO2(二酸化炭素)削減の観点から、電動アシスト自転車によるケイリン先導車の開発にチャレンジ。スポーツタイプの「XU1」(従来モデル)をベースとした試作車でケイリン種目が開催された伊豆ベロドロームでの試験を重ね、完成車両を東京2020オリンピックに納入した。

  • 東京2020のケイリン種目に使われた先導車の技術により進化した新しい「XU1」

 このケイリン先導車について、パナソニック サイクルテック 事業企画部の伊藤研二さんは次のように解説する。

「50km/hの速度をマークするため、モーターをベースモデルの1.4倍へと高速化し、バッテリー容量も1.4倍としています。また、バンクのついたコースを安定して高速で走れるよう、フレームも高速安定性を高めた設計としました」

 ケイリン先導車の外観はベースモデルとなった「XU1」と大きく変わらないように見えるが、ケイリン種目用車両と同様、変速ギアを搭載しないシングルスピードとなっており、アシストモードの切り替えなどもできないようになっている。

●先導車からのフィードバックで乗りやすくなった新しい「XU1」

 新しい「XU1」には、この先導車の開発で得られた知見がフィードバックされている。もっとも大きな進化ポイントはフレームの設計だと、伊藤さんは語る。

「前輪を支えるフロントフォークの角度を寝かし、安定性を高めています。また、フレーム全体の重心位置を下げることで、高速域だけでなく日常の速度域でも安定した走行感を得られるようにしました。結果として、フレームをまたぐ位置が40mm下がっているため、小がらな方でも乗りやすくなっています」

「XU1」は従来モデルから700×50Cという太いタイヤを装着し、前後フェンダーやキャリアを装備するなど、街乗りだけでなく長距離ツーリングにも対応した設計だった。それが新型では、安定性の高いフレーム設計を採用することで、その魅力にさらに磨きをかけている。

 そんな新しい「XU1」の魅力について、電動アシスト自転車の取材に精力的に取り組んでいるライターの増谷茂樹さんは次のように話す。

「従来モデルも、太いタイヤを履くことで段差の多い街中でも安心して走れる特性に仕上がっていて、e-Bikeと呼ばれるスポーツタイプの電動アシスト自転車に初めて乗る人でも、非常に走りやすいのが魅力でした。新型はさらに重心位置が下がり、安定感も増しているので、初めてのe-Bikeとして、よりおすすめできるモデルになりましたね」

 新しいライフスタイルの広がりとともに、密を避けられる移動手段として注目度が急速に高まっているe-Bike。これは世界的な傾向で、多くのメーカーが意欲的にラインナップを拡充している。50km/hという一般公道ではなかなか味わえない高速域でも、安定して走れるケイリン先導車の設計思想や技術がフィードバックされた新しい「XU1」。また1台、魅力的なe-Bikeがラインナップに加わった。

●商品仕様
・サイズ:L1840×W590mm
・重量:24.5kg
・バッテリー容量:36V-8.0Ah
・アシスト可能距離:最大82km(ECOモード)
・充電時間:約3時間
・適応身長:159-178cm

Gallery【画像】街乗りから長距離ツーリング楽しめる新型「XU1」の詳細を見る(6枚)

RECOMMEND