VAGUE(ヴァーグ)

花粉抑制時間が1/4に短縮! 新しい加湿空気清浄機に搭載される新「ナノイーX」の効果とは?

“OHラジカル”量が100倍となった新「ナノイーX」

 新しい生活様式のなか、自宅で過ごす時間が増えたという人も多いだろう。そこで懸念される問題のひとつが、自宅内の空気環境だ。こまめな換気を心がければ心がけるほど、新鮮な空気といっしょにホコリや花粉などが部屋に入ったり舞ったりする。

 そこで注目したいのが、パナソニックの加湿空気清浄機「F-VXU90」だ。比較的大きなゴミやホコリをとらえるプレフィルターや、細かい花粉やPM2.5などをキャッチする清潔HEPAフィルター、そして、ニオイを除去するスーパーナノテク脱臭フィルターを搭載する最新モデルである。

  • 花粉を99%抑制するまでの時間が従来モデルの1/4に短縮した「F-VXU90」

 部屋の空気を循環させ、取り込んだ空気を3つのフィルターに通すことで空気を浄化していく、というところまでは、一般的な加湿空気清浄機と変わらない。しかし「F-VXU90」の特徴は、同社独自のイオン「ナノイー」を放出する点にある。

「ナノイー」は空気中の水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオン。さまざまな有害物質に作用しやすい“OHラジカル”を含んでいる。

 パナソニック アプライアンスの広報・守山みずきさんによれば、「F-VXU90」は2019年モデルの空気清浄機が放出する「ナノイー」に比べて“OHラジカル”の量が100倍となる、毎秒48兆個生成される新「ナノイーX」を搭載したという。

「“OHラジカル”は脱臭に加え、菌、ウイルス、アレル物質の抑制効果を発揮します。脱臭や菌などの抑制において重要となるのは、『ナノイー』と呼ばれる水の微粒子中に含まれる“OHラジカル”なんです。新『ナノイーX』では、このOHラジカルの生成量を一気に増やすことができました。“OHラジカル”を多く放出できるため、その分、花粉などを抑制する効果が高くなっているのです」

 パナソニックによれば、新「ナノイーX」を搭載した「F-VXU90」は、花粉を99%抑制するまでの時間が従来モデル比の1/4にまで短縮されたという。具体的には、6畳の空間でテストした場合、2020年モデルではスギ花粉を99%抑制するまでに約12時間かかったのに対し、最新の「F-VXU90」では約3時間に短縮できたことを実証したという。

 しかし、室内の空気をすばやく清浄するには“OHラジカル”の生成量を増やすだけでは不十分。生成した“OHラジカル”を部屋の隅々まで行き渡らせる必要がある。それと同時に、取り込んだ空気をフィルターできれいにする必要もある。

 そのために重要となるのが、室内の空気を循環させること。そこで「F-VXU90」では“3Dフロー花粉撃退気流”を採用した。これは、3方向から風を吹き出して立体的な気流をつくることで、空気を部屋全体に効率よく循環させる仕組み。これにより、ハウスダストのなかでもとくに重く、床上30cmにたまりやすい花粉もパワフルに吸引できるようになった。

●空気清浄の効果が可視化される

 空気というのは目に見えないものだけに、とかく空気清浄機はその効果がわかりにくいもの。ずっと同じ空間で使っていればなおさらだ。

 その点、Wi-Fiを搭載した「F-VXU90」は、スマートフォン用のアプリ「ミルエア」で部屋の空気の状態を確認可能。現在の空気の汚れぐあいを、におい/PM2.5/ハウスダスト/花粉といった物質ごとの割合とともにチェックできる。また同アプリは、電源のオンオフや運転モードの切り替え操作にも対応。外出先から「帰宅前に空気をきれいにしておこう」と電源をオンにすることも可能だ。

 さらに、ユーザーごとに異なる、気になる汚れの種類や度合いを選択することで、自分だけの運転モード“わたし流”を登録・設定することもできる。具体的には、花粉/ハウスダスト/PM2.5/ニオイ/うるおい/運転音を、どの程度、気にするかを3段階で選んでいく。もっとこだわりたいユーザーは、どれだけ気にするかを5段階で設定することも可能だ。これらを登録しておくと、ユーザーごとのこだわりに合わせた運転をおこなってくれる。

●上質なインテリアにも溶け込むデザイン

 空気清浄機を選ぶうえで見落としがちなポイントがデザインだ。1年中、部屋の目に見える場所に置いておくものだけに、テーブルやイスなどと同様、インテリアとして違和感のないデザインが好ましい。

 その点「F-VXU90」は、シンプルなキューブデザインを採用。過度に主張することのない、すっきりとしたシルエットに仕上げている。こうしたデザインの具現は、一見、簡単なように思えるが、決してそんなことはない。

 その一例としてあげられるのは、吸引口の形状だ。空気清浄機としては吸い込む力を強化するために、吸引口はできるだけ大きくしたいところ。だが、単に吸引口を大きくするだけでは、なかにあるフィルターなどが見えてしまう。

「『F-VXU90』では、フィルターが目立たないよう配慮しながら、しっかり空気を吸い込める形状を模索しました。その結果、十分な吸い込み力を保ちながら、吸引口の存在を意識させないルックスに仕上げることができました」(守山さん))

 さらに、インテリアやユーザーの好みに応じて、本体カラーを木目調とホワイトの2色から選べるのもポイント。なかでも前者は、床、壁、家具などさまざまなインテリアと調和しやすいよう、オリジナルの木目パターンを作成してようやく完成にこぎつけたというこだわりの意匠だ。

 生活空間の空気を常にきれいでうるおいのある状態に保ちつつ、インテリアとも調和のとれるデザインを目指した「F-VXU90」。新しい生活様式にフィットした加湿空気清浄機といえそうだ。

●製品仕様
・空気清浄の適用床面積:40畳
・加湿空気清浄の適用床面積:35畳
・加湿畳数:15畳(木造)/24畳(プレハブ)
・加湿量:300-870ml/時
・消費電力:5.5-88W(空気清浄)/9.3-65W(加湿空気清浄)
・本体サイズ(約):W398×D287×H640mm
・重量:11.4kg

Gallery 【画像】空気をきれいでうるおいある状態に保つパナソニック「F-VXU90」の詳細を見る(5枚)

RECOMMEND