VAGUE(ヴァーグ)

インスタ映えする人気スポットにそっくりな旅先を紹介 密を避けて旅行できるおすすめスポット6選

インスタ映えする旅先と宿泊施設6選

 多種多様な宿泊施設や旅ナカ体験、旅行中のシームレスな移動手段を提供する世界最大級の宿泊予約サイトBooking.comの日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパンが、世界各地の人気スポットにそっくりな、密を避けながらもインスタグラムに投稿したくなるような写真を撮影できる6つの旅先を紹介。もちろん、周辺のおすすめ宿泊施設の最新クチコミスコアつきだ。

 ブッキング・ドットコムがおこなった調査では、今後の旅行の予定について、日本の旅行者の73%が「新型コロナウイルス感染症の影響で混雑を回避するために人気の観光地を避けるつもりである」ということが明らかになったという。

 また、日本の旅行者の約3分の1(29%)が、「インスタ映えする旅先を探している」と回答。また、実際にインスタグラムで旅先の綺麗な写真を友人や家族、全世界と共有できるハッシュタグ、「#Travel」(旅行)が6億回近く使用されていることから、ブッキング・ドットコムでは旅行者が旅先を選ぶ際には「インスタグラムに投稿できる写真が撮影できるかどうか」が重要なポイントであると推測。

 安全に旅行ができるようになった際におすすめの、人気のピンク色の湖や、ゴシック建築物が並ぶおとぎ話の世界のようなインスタ映えスポットの代替スポットを紹介している。

●青の洞窟(イタリア)とそっくりな旅先:堂ヶ島 天窓洞(日本)

 美しい街並みやレモンの産地として有名なイタリアのリゾート地、カプリ島で大人気の観光スポットといえば青の洞窟である。

  • 青の洞窟(イタリア)とそっくりな旅先:堂ヶ島 天窓洞(日本)

 日本の静岡県西伊豆に位置する天窓洞も青の洞窟によく似た、キラキラと光る美しい青色の洞窟があり、神秘的な写真を撮影できるおすすめのスポットだ。

 天窓洞では青の洞窟と同じく、気候や波の高さによっては洞窟内に入れない場合もあるが、入口が青の洞窟よりは広いため、入れるチャンスは青の洞窟よりも高くなっている。

 国の天然記念物に指定されている天窓洞で幻想的で、インスタ映えする一枚を撮影してみてはいかがだろうか。伊豆ならば、緊急事態宣言が解除されればイタリアに出かけるよりもはるかに手軽に神秘的な洞窟内を撮影できる。

 堂ヶ島 天窓洞に行く際のおすすめの滞在先は、「il azzurri/イル アズーリ(日本、静岡県)」。

 2021年の7月にオープンしたばかりのイルアズーリは、伊豆半島の駿河湾岸沿いにあり、最高のロケーションに位置している。イタリアのリゾート地を彷彿させる施設内で、日常から離れ、リラックスして過ごしたい旅行者におすすめの宿。

 また、全室に海を眺めることができる露天風呂が備え付けられており、美しいサンセットとともに温泉をゆっくりと楽しみながら1日を贅沢に締めくくることができる。さらに施設内のレストランでは、地元食材を使用したイタリア料理を堪能することができ、心身ともに満足することができる。(クチコミスコア10点満点中、9.1点を獲得)

●アムステルダム(オランダ)とそっくりな旅先:コルマール(フランス)

 色とりどりのチューリップ畑や、運河と美しい街並みとともにインスタ映えする写真を撮影できることで有名で、ブッキング・ドットコムの本社もあるオランダの首都アムステルダム。

 そんなアムステルダムにそっくりで、かつ混雑を回避できる旅先は、中世の雰囲気が楽しめる街、フランス、アルザス地方のコルマールだ。まるで絵画のような通りや美しい花々、木骨造りの家々が並ぶコルマールは、散策しながら、つい風景を撮影したくなる旅先となっている。

 水辺のカフェでリラックスすることや地元のワインを味わうことはもちろん、美しいステンドグラスが特徴の魅力的な教会を訪れ、写真を撮影することもおすすめだ。

 コルマールでのおすすめの滞在先は、Reflets Sur La Lauch appartements/ルフレ スール ラ ロシュ アパートメンツ(フランス、コルマール)。ルフレ スール ラ ロシュ アパートメンツは、コルマールのリトル・べニスの近くに位置し、窓からロシュ川の景色を眺めることができる、人気の高いスタイリッシュな宿泊施設である。

 ゴシック建築物として有名なサンマルタン教会や、ハウスオブヘッズ(頭の家)など、目を見張る建造物が徒歩圏内にあるのも魅力のひとつとなっている。(クチコミスコア10点満点中、9.8点を獲得)

●ピンク・レイク(オーストラリア)とそっくりな旅先:ラス・コロラダス ピンクレイク&リオ・ラガルトス(メキシコ)

 美しいピンク色をした不思議な湖で、インスタグラムでも話題のオーストラリアの人気観光地、ピンクレイク。

 実はメキシコのユカタン州にあるリオ・ラガルトスでもピンクレイクとそっくりな、「ラス・コロラダス ピンクレイク」を訪れることができる。

 リオ・ラガルトス(「ワニの川」の意味)はユネスコの生物圏保護区に登録されている閑静な漁村で、沿岸部の浅瀬から湿地帯、有名なピンクのフラミンゴを含む海鳥たちの主な営巣地であるアシ原まで、多様な景観と生態系を有しており、素敵な写真を撮影することが可能。ピンク色の湖の写真は、インスタグラムに投稿せずにはいられない美しさだ。

 ラス・コロラダス ピンクレイクでの、おすすめの滞在先は、Hotel Villa de Pescadores/オテル ヴィーヤ デ ペスカドーレス(メキシコ、リオ・ラガルトス)。リオ・ラガルトス自然保護区内にある可愛らしい宿、オテル ヴィーヤ デ ペスカドーレスでは、客室からラグーンを一望することができる。

 街の中心エリアにある「マレコン」(ビーチサイドの遊歩道)沿いに位置しており、思わず息をのむような絶景を眺めながら、散策をするのもおすすめとなっている。(クチコミスコア10点満点中、8.6点を獲得)

●トスカーナ(イタリア)とそっくりな旅先:カーメル・バイ・ザ・シー(アメリカ、カリフォルニア州)

 訪れたらシャッターを切らずにはいられないピサの斜塔や、中世の町並みをそのまま残した美しい古都が数多くあり、多くの観光客に人気なイタリアのトスカーナ地方。

 カリフォルニア州のモントレー半島にある、魅力あふれるビーチ沿いの街、カーメル・バイ・ザ・シーの街並みも、トスカーナ地方にそっくりで、数々の博物館や歴史的なカーメル・ミッションの図書室をはじめ、アートギャラリーなど、まるでおとぎ話の世界のような、インスタグラムに投稿したくなる素敵な場所が多く存在する。

 街中だけでなく、サーフィンスポットのカーメルビーチから多くの鳥が生息するカーメル・リバー・ステートビーチまで続く、シーニック・ブラフ・パスを散策するのもおすすめとなっている。

 カーメル・バイ・ザ・シーでの、おすすめの滞在先はL’Auberge Carmel, Relais & Chateaux/ローベルジュ カーメル ルレ―&シャトー(アメリカ、カリフォルニア州)。1929年に建てられたローベルジュ カーメル ルレ―&シャトーは、伝説的なカーメルビーチから徒歩圏内にあり、歴史を感じさせる趣きがあるホテルである。

 周辺には有名なペブルビーチ・ゴルフコースやモントレーベイ水族館をはじめ、さまざまなアートギャラリーやショッピングセンター、レストランなどの人気スポットが数多くある。

 また、施設内でもレストランでの食事やスパを楽しむことができ、ゆったりとした時間を過ごすことが可能だ。(クチコミスコア10点満点中、8.5点を獲得)

Nextまだまだある!インスタ映えスポットとは
Gallery【画像】ブッキング・ドットコムがおススメする世界のインスタ映えスポットそっくりな場所とは(12枚)

page

RECOMMEND