VAGUE(ヴァーグ)

マルティニ VS ガルフカラー! 歴代ポルシェが英国ハンプトンコート宮殿に集結

マルティニ vs ガルフ、どっちがカッコいい?

 2012年から英国で開催されている「Concours of Elegance(コンクール・オブ・エレガンス)」は、毎回メインテーマを設定し、それに沿ったクルマを展示するほか、希少なモデルや最高級コーチビルドカーなど、数多くの特別企画や展示などで、約1000台の車両が集まる世界でも指折りのコンクールである。

 第1回は英国のエリザベス2世女王陛下の即位60年の節目のダイヤモンド・ジュビリーを記念して、居城であるウィンザー城内で開催され、2013年にはセント・ジェームズ王宮、2014年にはハンプトン・コート宮殿、2015年にはホリールードハウス宮殿で開催された経緯がある。

  • 第一次スーパーカーブーム時代を経た人には、ポルシェ「911カレラRSRターボ」は強烈な印象として記憶している人も多いだろう

●マルティニカラーを纏った伝説的レーシングカー

2021年9月3日から5日にかけて開催される会場は、ハンプトン・コート宮殿が予定されている。女王陛下の95歳の誕生日を祝うために集められた95台の英国車コレクションや、次世代のクラシックカー愛好者にインスピレーションを与えることを目的とした「30UNDER30コンクール」など、さまざまなイベントが開催されるなか、メインテーマとして設定されたのは「RIVALRIES GULF VS. MARTINI – THE BATTLE OF THE LIVERIES(ライバル ガルフvsマルティニ リビエラの戦い)」である。

 そのテーマに沿って集められたマシンを紹介していこう。

 ガルフオイルは、ポルシェだけでなくフォードのレーシングマシンを彩っていたことでも記憶されている。

 1966年、当時のガルフオイル副社長であったグラディ・デイビス氏がフォード「GT40」を購入し、フォードレーシングチームのマネージャーであったジョン・ワイヤー氏と知り合ったことから、フォードとガルフオイルのパートナーシップは始まっている。

 マルティニ・レーシングは、イタリアのマルティニ&ロッシ社が1958年、レースのスポンサーとなって生まれたものだ。ガルフのブルーとオレンジのカラーや、マルティニのダークブルーとライトブルー、そしてレッドという3色のストライプは、ともにひと目でそれとわかるものとなっている。

 マルティニのクルマでまず紹介したいのが、1973年のタルガ・フローリオで優勝したポルシェ「911カレラRSRプロトタイプ」である。このマシンはグループ4仕様車だったのだが、後のレギュレーション変更によってグループ5仕様にマイナーチェンジされ活躍をしている。その後、1973年当時の姿にレストアされ、現在に至っている。

 また、1974年後期型ポルシェ「911カレラRSRターボ」も展示される予定だ。ライバルが搭載していた3リッターNAエンジンに対し、2.1リッターターボエンジンで挑み、1974年のル・マン24時間レースで総合2位を獲得したのが、この個体である。

 さらに、1977年、ジャッキー・イクス選手のドライブによってル・マン24時間レースで優勝したポルシェ「936」が、当時のカラーリングにレストアされ、この会場でデビューする予定となっている。

Nextガルフカラーといえば、ポルシェでしょう!
Gallery【画像】マルティニとガルフ、選ぶならどっち?(25枚)

page

RECOMMEND