VAGUE(ヴァーグ)

レクサス「LFA」が1億7500万円で落札! ニュル・パッケージは別格だ

至高のV10サウンドを奏でるレクサス「LFA」

 2009年10月、第41回東京モーターショーで、歴史に残るクルマがワールドプレミアされた。レクサス「LFA」である。

 4.8リッターV型10気筒の1LR−GUE型エンジンをフロントミッドシップに搭載し、6速のASG(オートメーション・シーケンシャル・ギアボックス)を介して駆動するFR方式を採用したLFAの重量配分は48:52となっているが、それはトランスアクスル構造や、ラジエーターをリアへ配置するなどして実現された。

 シャシはカーボンモノコックを採用し、車両重量は1480kgと軽く、V10エンジンが発生する560ps/480Nmという出力によって、最高速度は325km/h、0−100km/h加速は3.7秒を実現している。

  • アメリカで販売されたニュルブルクリンク・パッケージはわずか25台のみ(C)2021 Courtesy of RM Sotheby's

●500台限定の「LFA」

 製造はトヨタ元町工場内の専用工房でおこなわれ、販売台数は500台のみ。日本での販売価格は3750万円だった。

 しかし、レクサスLFAの魅力は、それだけではない。実際に聴いたヤマハがチューニングしたエンジンサウンドは、それまでに体感したことがないものだった。V10エンジンの音だけではなく、内装材の材質や形状、風切り音にもこだわったサウンドの聴かせ方は、ゆっくり走っているときでさえ、走る楽しさを伝えてくれた。

 速いだけのクルマはたくさんあるし、価格が高いクルマもたくさんある。販売台数をごく少数に絞ったクルマも、もちろんある。カーボンセラミックブレーキローターや、グラスコックピットなどといった装備を持つスポーツカーはもはや当たり前の時代だ。

 しかしレクサスLFAは、それらのアイテムのすべてに、装備すべき意味を持っている。まさにスーパースポーツというにふさわしい、高い価値を持つクルマといえるものだ。

 そんなレクサスLFAは、世界各国からオーダーが入り、日本では最終的に約200台が販売されたといわれている。つまり残りの300台程度が、他国で販売されたわけだ。

 その500台という販売台数のなかには、サーキット走行をターゲットとした『ニュルブルクリンク・パッケージ』が50台程度含まれている。

 このニュルブルクリンク・パッケージは、標準車に固定式リアウイングやカナードスポイラーなど空力パーツを装備し、ホイールをアルミ鍛造からマグネシウム鍛造に変更。車高も10mm程度低くなっている。

●ニュルブルクリンク・パッケージとは

 今回、アメリカ・モントレーで開催されたRMサザビーズオークションに出品されたLFAは2台あったが、そのうちの1台がこのニュルブルクリンク・パッケージである。

 アメリカで販売されたニュルブルクリンク・パッケージはわずか25台のみ。そのほとんどは、オレンジやホワイトといった、世界的に人気が高いボディカラーだったのだが、この個体はブラックで、アメリカではたった3台しか存在していない。

 しかもこの個体は、オーストラリアにある『The Fox Collection』という、コレクターによって保管されていたもの。文字どおりの、コレクターコンディションである。

 走行距離は926マイル(約1500km)しかない。空調設備の整ったガレージで保存されていたので、コンディションは良好だ。

 こうしたこともあり、この個体につけられたエスティメートは、90万ドル(邦貨換算約9860万円)から110万ドル(同約1億2000万円)という、高額での落札が予想されていた。

Next驚愕の「LFA」の落札価格とは?
Gallery【画像】レクサスLFAのニュル仕様とスタンダートを見比べてみよう(28枚)

page

RECOMMEND