VAGUE(ヴァーグ)

マセラティ新型「MC20」が北米に殴り込み! ペブルビーチで初披露

イタリア語で “レース “を意味する「マセラティ・コルセ」の略

 カリフォルニア州モントレーで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で、マセラティ新型「MC20」が披露された。これは、北カリフォルニアでの初披露となる。

 トライデントブランドの新時代を象徴するMC20がアンヴェールされた瞬間、新型MC20の流麗なラインを目にしたVIP観客からは、称賛の声が上がったという。

  • マセラティ新型「MC20」

●ペブルビーチ・コンセプト・ローンとは

 ペブルビーチ・コンセプト・ローン(Concept Car Lawn)は、カリフォルニア州で開催されるモントレー・カー・ウィークのハイライトのひとつで、先進的なデザインとイノベーションが毎年紹介されている。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年は開催中止。2021年にイベントが復活を遂げた。

●新型MC20の先進的なデザインとイノベーション

 326km/h以上の最高速度を誇る新型MC20は、マセラティ初のカーボンファイバーモノコックを採用。1500kg以下の軽量化を実現したスーパースポーツカーで、パワフルな新型ネットゥーノエンジンが搭載されている。

 ネットゥーノエンジンは、F1由来の技術が採用されたV6エンジンで、優れたパワーウェイトレシオを実現。0-100km/h加速を2.88秒で達成するという。

 また、新型MC20は、レーシングカーとしてのDNAを持ち、伝説的な「MC12」の後継モデルとしてふさわしいクルマだ。名前の「MC」は、「マセラティ・コルセ」の略で、「コルセ」はイタリア語で「レース」を意味している。

 20年以上ぶりにマセラティが自社で開発・生産した、最高出力621psのネットゥーノエンジンは、マセラティのレーシング・ヘリテージをドライバーに確実に伝えてくれるものだ。

 なお、イタリアで製造された新型MC20は、100%メイド・イン・モデナとなっている。

Gallery【画像】レーシングカーとしてのDNAを持つマセラティ新型「MC20」とは

RECOMMEND