VAGUE(ヴァーグ)

マクラーレンが100店舗目の正規代理店を中国にオープン! セールスネットワーク拡大好調の要因とは

次の10年に向けたビジネスプラン「ホライズン2030」の一環

 英国のラグジュアリー スーパーカーメーカー「マクラーレン・オートモーティブ」が2021年後半、100店舗目となる正規代理店を中国にオープンする。

  • マクラーレンのハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」

●マクラーレンのセールスネットワーク拡大の軌跡とは

 マクラーレンは最初の正規販売代理店を2011年夏にロンドンにオープンさせ、同社初のスーパーカー「MP4-12C」を顧客やファンに提供したことが、セールスネットワーク拡大の原点である。それから10年の間にマクラーレンは、全世界40の国や地域にセールスネットワークを拡大。数々のモデルにおいて高い評価を得てきた。

 たとえば、「720S」はベンチマークを打ち立て、「675LT」は現代版マクラーレン・ロングテールの第1弾となった。

 また、世界初のハイブリッドスーパーカーである「P1」や「GT」に加え、極めてエクスクルーシブなアルティメットシリーズとして「セナ」や「スピードテール」、そして最近ではロードスターの「エルヴァ」を誕生させた。

 マクラーレンでは、増加し続けるカスタマーがモダンでラグジュアリーな体験を存分に味わえるよう、ビスポーク部門であるマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)をとおして自身のスーパーカーをパーソナライズすることを可能としている。そしてカスタマーは、デザイナ―、エンジニア、職人からなる専任のチームと共に、独創的なビジョンやアイデアを自らの愛車に反映することができる。

 さらにマクラーレンは2018年に2番目となる施設、マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)を英国ヨークシャーに設立。MCTCでは、軽量で優れたパッケージングを誇る革新的なカーボンファイバー製アーキテクチャーが生み出され、これを最初に採用したのが、まったく新しいハイブリッドスーパーカー「アルトゥーラ」であった。

 このアーキテクチャーは、次の10年に向けてマクラーレンが描く電動化ビジョンの実現に貢献するものになるという。その理由を、カスタマーがマクラーレンに求める俊敏性や特質の維持・向上のためには、重量削減が命題となるからだと説明された。

 一方で、ロングテール系譜を受け継ぐ最新モデルとして先日発表されたばかりの「765LTスパイダー」は、2021年内の生産分が既に完売している。これは、マクラーレンブランドが既存のカスタマーを引きつけ、新たなファンを獲得している証拠だと分析している。

※ ※ ※

 マクラーレン オートモーティブCEOマイク・フルーウィット氏は次のようにコメントする。

「販売代理店の協力のもと、私たちはわずか10年でロンドンの1号店から始まり、今年後期に中国で100店舗目をオープンするまでに成長しました。目覚ましい成長を続ける中国市場では、多くのファンを獲得しています。

 これはわが社の国際性や今後のビジョンにも合致します。次の10年は、マクラーレンだけでなく自動車業界全体にとっても、極めて刺激的で革新的なものとなるでしょう。電動化の未来を率先して受け入れ、まったく新しい軽量なアルトゥーラを生み出したように、私たちは世界最高のドライバーズカーを生み出すために、これからも限界を押し広げていきます」

Gallery【画像】100店舗目の正規代理店を中国にオープンするマクラーレンの最新モデル

RECOMMEND