VAGUE(ヴァーグ)

【85台限定】アストンマーティンがモントレーで新型「ヴァルキリー・スパイダー」をお披露目!

F1マシンに一番近い公道走行車両

 アストンマーティンが2021年の「モントレー カーウィーク」でアンベールするとアナウンスしていた車両は、「ヴァルキリー」のオープントップモデル「ヴァルキリー・スパイダー」であった。

 ヴァルキリー・スパイダーは、全世界で85台限定で生産され(左ハンドルおよび右ハンドル仕様を設定)、予約受付けと割当ては、まもなく開始される予定だ。最初のデリバリーは2022年下半期になる見込みだ。

  • 「ヴァルキリー・スパイダー」は、クーペタイプの「ヴァルキリー」と同等のポテンシャルを秘めておきながら、まったく異なる魅力を持っている

 アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアースは、ヴァルキリー・スパイダーについて次のように述べた。

「アストンマーティン・ヴァルキリーは、極めて高度なイノベーションとテクノロジーを組み合わせたモデルですが、何よりもエモーショナルなドライブ体験を追及することに焦点を当てています。ヴァルキリー・スパイダーは、その情熱と感性をさらなる高みへと引き上げ、真にセンセーショナルな走りを実現しています。

 このモデルには、レブリミットが1万1000rpm以上に達する6.5リッターV12ユニットが搭載されています。ルーフを取り外した状態で、このエンジンが奏でるサウンドを聴ける日を、今から楽しみにしています」

 また、レッドブル・レーシングのチーフ・テクニカル・オフィサー、エイドリアン・ニューウェイは、次のようにコメントした。

「私たちは、アストンマーティン・ヴァルキリープロジェクトを立ち上げた当初から、従来のロードカーをはるかに超える厳格な目標を設定してきました。そして、オープントップ・ハイパーカー・カテゴリーに属するヴァルキリー・スパイダーにも、同じ設計思想を適用しました。

 このモデルは、一見するとヴァルキリーからルーフを取り外しただけに見えるかもしれませんが、ヴァルキリーと同じコンセプトを採用するためには大きな困難が伴いました。もっとも重視した点は、ルーフを外した状態でも空力性能を維持することでした。同様に、運転の楽しみを最大限に引き出しながらも、オープントップ・モデルにとって避けられない重量増加も最小限に留めています」

Nextルーフの外し方も独特な「ヴァルキリー・スパイダー」
Gallery【画像】「ヴァルキリー」のルーフありなしを比較(5枚)

page

RECOMMEND