VAGUE(ヴァーグ)

ダンヒルがクルマに敬意を表す! 最新フレグランスコレクション「DRIVEN」発売

ダンヒルのヘリテージである自動車に敬意を表したパッケージデザイン

 英国のラグジュアリーブランド・ダンヒルが、最新フレグランスコレクション「DRIVEN」の発売を開始した。ダンヒルGINZA SIX コンセプトストア及び、ダンヒル公式オンラインブティックだけの限定販売となる。

  • ダンヒルの最新フレグランスコレクション「DRIVEN」

●メゾンの伝統的なクラフツマンシップと現代的なデザインが相乗効果を生み出す個性豊かなふたつのフレグランス

・「DRIVEN」オードパルファム

 洗練されたアプローチを感じさせるDRIVENオードパルファムは、直感と主張に導かれたフレグランスとなっており、はつらつとした強いインパクトを残す。調香師デイヴ・アペル氏が監修したオードパルファムは、エレガントでモダンかつ大胆な印象のウッディー・シトラス・フローラル系ブレンドとなっているという。

 トップノートには、気分を高めるベルガモットやライム、レッドアップル、プラムの香りが立ち、ミドルノートでは、カルダモン、シナモン、ジャスミンの意外性のあるブレンドがフレッシュな印象を生み、ベルベットのようにローズと溶け合って絶妙に調和する。ベースノートは、温かな深みを保ちつつ、アンバーやアミリス、バニラ、シダーウッド、ムスクの香りがくつろぎと自信を程よく感じさせ、モダンな印象のドライダウンへと変化していくことが特徴となっている。

・「DRIVEN」オードトワレ

 DRIVENオードトワレは、シンプルなエレガンスを感じさせるユニークなコンポジションで、まさに洗練を体現したフレグランスとなっている。リスクを恐れない衝動にインスパイアされ、調香師キャサリン・セリグ氏が監修を担当。生き生きとしたオープニングから、エレガントなラストまで、ウッディなアロマが絶妙なコントラストを醸しだす。

 トップノートは、イタリアンベルガモットとグリーンアップルがブラックペッパーと混ざり合う艶やかな香りで始まり、ミドルノートのジュニパー、オレンジブラッサム、セージが男性的なエレガンスを感じさせる。チークウッドとアンバーをアーシーなベチバーとブレンドしたエキゾチックで温かみのあるベースが、個性とスタイルを感じさせる特徴的な香りを完成させている。

●ダンヒル「DRIVEN」のパッケージデザイン

 DRIVENのパッケージは、ダンヒルのヘリテージである自動車に敬意を表したデザインとなっている。

 シリンダーの形状を模したボトルには、モーターギアを思わせる光沢ブラックのオーバーサイズキャップが鎮座。箱の外側にあしらわれたグラフィックパターンは、2021春夏コレクションに登場した、伝統と破壊が計算された融合を感じさせる「ギア」デザインへのトリビュートとなっている。

●ダンヒル「DRIVEN」製品概要

「DRIVEN オードパルファム(EDP)」
・トップノート:レッドアップル
・ミドルノート:カルダモン
・ベースノート:シダーウッド
・容量:100ML
・製品価格(消費税込 以下同様):9240円

「DRIVEN オードトワレ(EDT)」
・トップノート:イタリアンレモン
・ミドルノート:ジュニパー
・ベースノート:アンバー
・容量:100ML
・製品価格:9240円

Gallery【画像】自動車に敬意を表したダンヒルの最新フレグランスコレクション「DRIVEN」とは

RECOMMEND