VAGUE(ヴァーグ)

ビーチソロキャンのビギナーへ キャンプで必要なマストアイテムとは?

山や河原のキャンプよいですが、ビーチキャンプは別格です

「ハイサイ!」沖縄本島でカメラマンをしているポルコです。趣味はキャンプと焚き火。いまや大ブームです。時間を見つけてはソロキャンプをしたり、デイキャンプで焚き火だけ楽しんだりしています。そこで、よくキャンプを楽しんでいるビーチに限って、マストアイテムを紹介いたします。

  • ビーチでのソロキャンは、一度はまるとクセになります

 季節は夏ということで、ビーチソロキャンプに焦点を絞ってオススメのアイテムを紹介します。

 夏、と言えば海。海水浴、釣り、BBQなどがレジャーとして定番ですが、コロナ禍の2021年はキャンプという人も多いかと思います。海水浴もBBQも楽しいですけど、日帰りだと疲れたカラダで運転しないといけない帰路がとってもしんどいですよね。

 その点キャンプなら、日中心ゆくまで海遊びをしても、日が暮れてきたら夕陽を眺めながらゴハンの用意をして、疲れたカラダと心を焚き火に癒やしてもらい、グッスリ寝て翌日に撤収する。そんなのんびりとした時間の過ごし方こそビーチキャンプの醍醐味です。

●テントは前後に扉があるものがベスト

 ビーチキャンプが山などのキャンプと大きく異なるのは、テントを設営する地面です。キャンプ場として整備されているところなら良いのですが、多くの場合砂浜だったり岩場だったり。そのためビーチでテントを立てるのであれば自立式のテントがベターです。

 自立式であればペグが打てない砂の上でも立ちますし、風で飛ばされないようにテント内に荷物をおいたり、ペグの代わりに石を重しにしたり工夫すれば、普段となにも変らない環境が作れます。

 また、前後に扉のあるタイプなら風がとおるので涼しく過ごせます。前にしか扉のないタイプは、強い風がなかに入るとテントが飛ばされてしまう可能性があるので、風向きをよく考えて立てるようにしましょう。

 ペグを使う場合は、砂地に強いタイプのモノを使用して、不安なら石などで上からおさえて重しにするとよいでしょう。

Nextビーチソロキャンに必要なのは、なんといっても“日陰”です
Gallery【画像】これがビーチキャンプのマストアイテムだ(11枚)

page

RECOMMEND