VAGUE(ヴァーグ)

「直島」にアートな本格旅館「ろ霞」が来春オープン! 日本現代アートの発信拠点を目指したおもてなしの宿とは

若手現代アーティスト作品との出会いの宿

 現代アートの島として有名な「直島」に2022年4月、全11室の露天風呂付き客室の本格旅館「ろ霞」がオープンする。

  • 直島旅館「ろ霞」

●世界に誇る日本のおもてなしの旅館

 今回オープンが発表された「ろ霞」は、直島の中心本村まで徒歩2分の好立地に誕生。客室露天風呂を備えたスイートルーム8室、プレミアムスイート2室、ろ霞スイート1室の計11室となる本格旅館となる。

 また、2022年4月からは瀬戸内諸島12島と本土・四国の3港周辺で『瀬戸内国際芸術祭』の開催が予定されている。同イベントは、世界中の現代アート作品が集結する国内最大規模のアートイベントで、国際的にも非常に人気が高く、世界中からアートファンが直島に訪れる人気のイベントだ。

 その直島に、日本のおもてなし文化の結集した旅館を新たにオープンすることで、世界に向けて日本の精神文化とアートを伝える発信地となることを目指すという。

●先行予約チケット販売を開始

 2022年4月の開業が予定されている直島旅館「ろ霞」の、一般予約受付開始日よりも3週間先行して宿泊予約が可能な『【特別先行予約】宿泊チケット』が2021年8月11日から期間限定で販売される。

 瀬戸内国際芸術祭シーズンは、直島中の宿の予約が取れなくなることは必至となるため、現代アートファンは要チェックの内容だ。チケットの販売期間は、2021年8月11日から2022年1月20日となる。

●若手現代アーティスト作品との出会いの宿

 直島旅館「ろ霞」では国内の若手現代アーティストを中心に、全客室とレストラン棟にテーマとなるアーティスト描き下ろし作品が随時企画展として展示販売されるだけでなく、アーティストを招待したコミュニケーションイベントの開催も予定されている。

 日本全国、世界中から訪れるアートファンの人々に、瀬戸内国際芸術祭とはまた違ったアート作品やアーティストとの出会いと、アートファン同志の会話が生まれる場として、「ろ霞」は日本現代アートにおける発信拠点となることを目指した旅館となっている。

●直島旅館「ろ霞」概要

・名称:直島旅館「ろ霞」
・住所:〒761-3110 香川県香川郡直島町本村1234
・開業:2022年4月予定
・定休日:不定休(館内メンテナンス日)

Gallery【画像】日本現代アートにおける発信拠点を目指す本格旅館「ろ霞」を画像で見る(14枚)

RECOMMEND