VAGUE(ヴァーグ)

世界デビューへのカウントダウン

 2021年8月5日、マセラティは同社のスポーツボート「マルチ70号」のメインセイルに「グレカーレ」の名を掲揚し、新たなSUVの発表までのカウントダウンを開始した。

  • 「グレカーレ」の名を掲げたマセラッティ「マルチ70号」

●「グレカーレ」とは

 グレカーレは、「レヴァンテ」に続くマセラティ第2のSUVモデルの名称である。歴代マセラティのネーミングに倣って、地中海の猛烈な北東の風にちなんで名付けられた。たとえば「ミストラル」、「ギブリ」、「ボーラ」、「メラク」、「カムシン」、「レヴァンテ」も、地中海周辺の地方風に由来している。

※ ※ ※

 グレカーレは、プロトタイプがモデナのヴィアーレ・チノ・メノッティに位置するマセラティのファクトリーから走行する写真が公開されたのみで、その詳細は未だ明らかにはされていないが、登場へのカウントダウンは着々と進められているようだ。

 マルチ70号に新しいメインセイルが掲げられ、グレカーレの名前が現れると、イタリア人ヨットレーサーのジョバンニ・ソルディーニ氏と彼のクルーは、まさしく新時代のマセラティが発表する新型車の旗手となった。トリマラン(三胴船)のマルチ70を勝利に導くように、グレカーレの名を掲げたメインセイルが風を受け、まるでグレカーレのローンチを促しているかのようだ。ちなみに、「MC20」のローンチ前には、マルチ70号のメインセイルにはMC20の車名が掲げられていた。

 モデナにあるイノベーションラボのエンジニアが、エアロダイナミクスとパフォーマンスのノウハウを導入した「ラボラトリーボート」。ボートの開発は、マセラティファミリーが日々ニューモデルを開発するのと同じプロセスでおこなわれている。つまり、そうした技術革新や妥協のないパフォーマンス、競争と勝利への欲求、これらがグレカーレとマルチ70号を結びつけているというわけだ。

 これから数か月間、マルチ70号はグレカーレ専用のメインセイルを携えて、さまざまなスポーツに挑戦していく予定だ。

 なお、グレカーレのワールドプレミアは、2021年11月と発表されている。

Gallery【画像】「グレカーレ」の名を掲げたマセラティ「マルチ70号」とは

RECOMMEND