VAGUE(ヴァーグ)

優勝車は1:64のダイキャストカーとして世界中で販売

 世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナル株式会社が、世界No.1のミニカーブランド「ホットウィール」のダイキャストカーになるべき実車を決定する、カスタムカーの大会「レジェンドツアージャパン2021」を開催する。

  • カスタムカーの大会「レジェンドツアージャパン2021」

●ホットウィール レジェンドツアーはどんなイベント?

 ホットウィール レジェンドツアーは、2018年に米国で開始されたイベントである。各地域でおこなわれる予選を勝ち抜いた1台のクルマは、2021年11月に開催される世界大会セミファイナルに参加する権利が与えられることになる。

 そしてセミファイナルを通過したのち、決勝のグランドフィナーレで見事勝ち抜いた1台のクルマは、50年以上の歴史あるホットウィールブランドの商品として、1:64のダイキャストカーとなって世界中で販売されるという栄冠を手にすることがきでる。

 2021年現在は、世界15か国でホットウィール レジェンドツアーが開催されており、今年初めて日本でも開催されることが決定した。世界中のカスタムカーファンは、自分の愛車が世界中で知られるチャンスとばかりに、このイベントに参加している。

 日本では、応募車両のなかから厳選された5台をオンラインにて審査。イベント当日は、事前収録された審査会の様子が上映され、「レジェンドツアージャパン」優勝車両の発表・表彰がおこなわれるという。

 自身のカスタムした愛車がダイキャストカーとなり、実際に販売されるかもしれないホットウィール レジェンドツアーは、ホットウィールファンやクルマ好きにはたまらないイベントとなっている。

●レジェンドツアージャパン概要

・エントリー期間:2021年8月2日から2021年9月6日正午まで
・開催場所:スタンスネイション・ジャパン2021愛知(AICHI SKY EXPO)
・イベント開催日:2021年10月17日
・エントリー対象者:カスタムカー所持者
・選考フロー
1.書類審査:エントリー締め切り後、応募者のなかから選出された5台が審査会へ進む。
2.日本国内審査会:ホットウィールデザイナーをはじめ、業界のインフルエンサーで構成される審査員にてジャッジされる。
3.世界大会(セミファイナル):審査会を通過した日本のファイナリストは、世界各地のレジェンドツアーのファイナリストと競うことになる。
4.グランドフィナーレ:最後まで勝ち上がった世界でたった1台のクルマが、ホットウィールの1:64ダイキャストカーとして商品化され、世界中で販売される。

Gallery【画像】1:64のダイキャストカーとなったカスタムカー達を画像で見る

RECOMMEND