VAGUE(ヴァーグ)

キッチンの悩みを解決した傑作に新色登場。即完売を繰り返す“四角いフライパン”のヒットの秘密

立てる収納で出し入れカンタン。調理もより快適に

 2021年2月に発売されるや、またたく間に人気アイテムとなった“四角いフライパン”「sutto」。その人気の理由ともなった最大の特徴は、フライパン自体が自立することだ。

 キッチンで場所をとりがちなフライパンのデメリットに注目し、収納性の改善に注力。一般的に丸いフライパンの形状を四角にし、側面にリブをつけることで場所をとらず、立てて収納することを可能にした。ハンドルも角から伸びるようについており、シンク下などの狭い収納スペースでも出し入れはスムーズ。調理の合間に、キッチンのちょっとしたスペースに置けるのは、効率化や時短にもつながって便利だ。

 また、四角くしたことで調理のしやすさも向上。底面が広く平らなため、食材全体に効率よく火を入れることができ、大きめの肉でもしっかりと熱が通り、おいしく焼けるようになっている。

  • 即完売を繰り返す“四角いフライパン”「sutto」に新色が登場

●サイズは3種類。用途に合わせて使いわけ

 たとえば、四角い冷凍うどんは1辺が15cmのため、ゆでる際には「sutto」の16cmサイズ「SUT16GRG」が重宝する。深さがあってレトルト食品のパウチもしっかり沈むので、安心して温めることができる。

 一方、ちょっと大きな18cmサイズの「SUT18GRG」には、市販の冷凍ぎょうざ12個をちょうど並べることが可能。さらに、20cmサイズの「SUT20GRG)は対角線の長さを活かしてパスタをゆでやすく、フライパンの角を使って湯切りもできるためとても便利だ。

 いずれも片手鍋に近い深さなので、焼く・煮る・ゆでるなど、さまざまな調理に活躍。中身が見えるガラスのフタも付属しており、本体と同様、フタも自立して置けるなど使いやすさにスキがない。

「sutto」の企画・開発・販売をおこなうドウシシャの広報・大竹惇さんは、開発の経緯について次のように語る。

「開発を担当したのは20代の男性なのですが、彼が東京に転勤してきたとき、キッチンが狭くて困ったといいます。同じような悩みを持つ単身世帯はもちろん、ファミリー層の2枚目、3枚目のフライパンとしてもいいのでは? との思いから、開発にいたりました」

 そのうえで「キッチンのデッドスペースを有効活用でき、洗うときもシンクで自立してくれるので使いやすいと大好評です。フライパンひとつでできる話題の“ワンパン料理”や、男のひとりメシなどにご活用いただいているようです」とユーザーの反応も語ってくれた。

 そんな使い勝手のいい「sutto」から、2021年9月に数量限定で新色のグレージュが登場する。本体側面のカラーをやわらかな色合いのグレージュカラーにし、ハンドルに木目の転写を施すことでナチュラルテイストに仕上げたもの。今度の新色も即完売しそうだ。

●製品仕様
・型番:SUT16GRG/SUT18GRG/SUT20GRG
・フライパン本体サイズ(約):170×170×80mm(SUT16GRG)
 190×190×60mm(SUT18GRG)
 210×210×60mm(SUT20GRG)
・重量(約):942g(SUT16GRG)
 1055g(SUT18GRG)
 1205g(SUT20GRG)
・価格:各オープンプライス
・付属品:シリコーンリングつきガラスフタ

Gallery時短にもつながる四角いフライパン「sutto」の詳細を写真でチェック(12枚)

RECOMMEND