VAGUE(ヴァーグ)

懐かしいのに新しいホンダのトラディショナルなバイクがバカ売れしている理由

トラディショナルなルックスが人気の的

 ホンダのロードスポーツモデル「GB350」シリーズが、デビュー以来、人気を集めている。

  • 誰もが思い浮かべる“バイクのカタチ”をそのまま製品化したかのような「GB350」

「GB350」と「GB350S」は、350ccの空冷単気筒エンジンを搭載しているが、この時代に排ガス規制への対応に不利であり、出力も上げにくい空冷エンジンを新規開発して搭載したことが驚きをもって迎えられた。しかしフタを開けてみれば、バカ売れともいえる状況。誰もが思い浮かべる“バイクのカタチ”をそのまま製品化したかのようなトラディショナルなデザインが、支持を集める理由だろう。

 もうひとつの理由は価格設定だ。昨今、電子制御化などでバイクの価格は上昇を続けているが、そんななかにあって「GB350」は55万円(税込)、「GB350S」は59万4000円(税込)と比較的購入しやすい価格を実現。このことも多くのバイクファンの心をつかんだといえる。

「GB350」と「GB350S」がこれほどの人気を集めていることについて、ホンダモーターサイクルジャパンの広報担当者は「お客さまへお届けするまでに時間がかかっている状況が続いており、心待ちにしていただいている方には多大なご迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」と述べたうえで、人気の理由を次のように分析してくれた。

「トラディショナルな外観に最新の技術を組み合わせ、クリアな鼓動感が際立つ新型の空冷単気筒エンジンがもたらすフィーリングと、この排気量帯としてはお求めやすい価格設定などを高く評価いただいた結果、予想を大きく上回る受注につながったと考えています」

●誰もがバイクの楽しさを感じられる乗り味

「GB350」と「GB350S」の最高出力は20ps。同じクラスのバイクと比較してもスペックは高いわけではない。それでも「新規開発されただけあって不快な振動がなく、それでいて心地いいパルス感があります。非常に気持ちいいエンジンに仕上がっていますね」と2輪ジャーナリストの伊丹孝裕さんは評価する。

 空冷の単気筒といえば鼓動感が特徴としてあげられることが多いが、そのぶん振動も多く、そのことを“味”として感じられるライダーが選ぶマシン、というイメージが強かった。だが新しいエンジンは、不快な振動を抑え、ロングストロークによるパルス感を際立たせることに成功している。

「デザインだけでなく乗り味もトラディショナルで、初心者からベテランまで誰もがバイクの気持ちよさを感じられます。突出したスペックはありませんが、これに乗っていやな気持ちになる人はいないでしょう」と伊丹さんは言葉を続ける。

 クラシカルに見える外観だが、ブレーキは前後ディスクでABSを装備。エンジントルクを制御し、駆動輪のスリップを緩和する“Honda セレクタブル トルク コントロール”や、アシストスリッパークラッチを採用するなど、装備面はとても現代的で乗り手にストレスを与えないつくりとなっている。

 また、少し積極的に走りを楽しみたい人向けに、スポーティな「GB350S」を用意しているところも幅広い層に支持されている要因だ。スタンダードモデルに対してハンドル位置を下げ、リアに17インチのラジアルタイヤを履かせるなど、細部を変更することでスポーティな走りを味わいたい人々のニーズもカバーしている。

 実際に乗った人たちのリアルな声がSNSなどを通じて広がることで、さらに人気が加速しているように見える「GB350」と「GB350S」。この人気が続くようであれば、ライバルメーカーもこの手のカテゴリーに参入してくることも考えられる。トラディショナルな空冷バイクが、新たな潮流を生み出すかもしれない。

Galleryトラディショナルな空冷バイク・ホンダ「GB350」の魅力を写真でチェック(7枚)

RECOMMEND