ポルシェ濃度高し! 「マカン」の売れ線モデル「GTS」に試乗してみた

カイエンの弟分であるミドルサイズSUVである「マカン」に、もっとも売れ線モデルである「GTS」が追加された。さっそく、ポルトガル・リスボンで試乗してきた竹花氏の評価はいかに。

スポーティさが際立つマカンGTS

 ポルシェのミドルサイズSUVである「マカン」に、20120年1月にGTSが新たに追加設定された。ポルトガル・リスボンで開催された国際試乗会で「718ケイマン/スパイダーのGTS 4.0」と同時に、このマカンGTSにも試乗する事ができたので、その模様をお伝えしよう。

GTSは、Sよりも引き上げられたパフォーマンスと専用のスポーティな仕立てが魅力の「最も売れ線」のモデルだ

 カイエンに続くポルシェのSUV第2弾として2013年にデビューしたマカンは、2018年秋にフェイスリフト。日本市場では翌2019年夏にデリバリー開始となった。

 今回試乗した新型マカンGTSは、これまでに導入されているマカン(標準モデル)とマカンS、マカン・ターボに続く4番目のバリエーションで、Sとターボの中間に位置づけられるモデルとなる。

 GTSは、Sよりも引き上げられたパフォーマンスと専用のスポーティな仕立てが魅力の、従来モデルでも人気を博した「最も売れ線」のモデルといってよいだろう。2019年には前年比16%増の9万9944台が世界で販売され、いまやポルシェの最量販モデルとなっているマカンのラインナップでも、特に重要なモデルといえる。

 911からパナメーラ、カイエンに至るまで、各モデルに共通するGTSのセオリーに沿って仕立てられたエクステリアは、なかなか精悍な印象となる仕上がりだ。専用チューニングのPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)によって15mmローダウンしたボディには、フロントグリルやヘッドライト、テールライトストリップ、サイドブレード、リアスポイラー、左右各2本出しのスポーツエグゾーストシステム、リアディフューザー、そして20インチのRSスパイダーデザインのアルミホイールなど、ディテールがブラック基調に統一され、スポーティネスが際立っている。レッドに塗装されたブレーキキャリパーがアクセントになっている点もGTSの特徴だ。

 インテリアもグレードアップされた。GTS専用のレザーとアルカンターラのインテリアパッケージに加え、センターにレッドの文字盤を持つレブカウンターを備えたメーターパネルや、ブラッシュドアルミニウムのインテリアパッケージ、マルチファンクション・スポーツ・ステアリングが奢られている。

 さらに、シートはヘッドレストに「GTS」のロゴをあしらった8ウェイのスポーツシートが標準となっている。室内もやはりブラック基調に統一され、スポーティな印象が強調されている。

最高出力380ps/最大トルク520Nmを発揮するV型6気筒エンジン

 新しいGTSで最も注目すべき点はエンジンである。2.9リッターの排気量を持つV6直噴ツインターボは、最高出力380ps/5200-6700rpm、最大トルク520Nm/1750-5000rpmと、従来モデルから20psと20Nmのパワーアップを果たしている。

 従来のEA837系からEA839系に進化したこのエンジンは、Sの3.0リッターV6直噴ターボよりショートストローク化され、90度バンクの間に2基のターボチャージャーが配置されている点が特徴で、Sに対して出力で26ps、トルクは40Nmも上回っているのだ。

 このエンジンに組み合わされるトランスミッションは従来モデルと同様の7段PDKで、4WDシステムは「ハルデックス5」と呼ばれるオンデマンド式の4WDとなっている。この4WDシステムは、理論上は走行状況やドライブモードに応じて、前後アクスルに駆動力を100:0〜0:100で配分可能だが、実際には通常でもフロントにおよそ20%の駆動力を配分し、リア寄りの駆動力配分で走行するようチューニングされている。

Gallery:【画像】ブラックで精悍に引き締まったマカンGTSのすべてを見る