VAGUE(ヴァーグ)

フェラーリ公認レストラン「カバリーノ」がリニューアル! 跳ね馬だらけの店内とは

フェラーリのお膝元を訪れたら、一度は食べてみたいカバリーノの味

 フェラーリ本社を訪れる人の殆どが、マラネッロの老舗レストラン「Ristorante Cavallino(リストランテ・カバリーノ)」に足を運んでいるのではないだろうか。2021年6月30日、リニューアルされたばかりのリストランテ・カバリーノにお邪魔した。

 リストランテ・カバリーノは世界中のフェラリスタの間でフェラーリの聖地のひとつとして君臨している。皆の思い出が詰まっているレストランが、2年以上の年月をかけてのリニューアルで、積み重ねられた歴史をどのような形に変え、後世に向けて継承していくのか、興味が湧いた。

  • 入り口の鉄門にはフェラーリの跳ね馬のマークが門全体にレリーフ。ここからフェラーリワールドが始まる

●エンツォとともにあったカバリーノ

 カバリーノは、1950年にレストランとしてオープン。70年間フェラーリ本社の向かいでフェラーリと共に歩んできた。エンツォを中心にエンジニア、ドライバー、スポンサー、デザイナー、ジャーナリスト、貴族、俳優、文化人……など、多くの著名人がレストランを訪れ、そしてここから多くのストーリーが羽ばたいていった。

 プライベートルームでは食卓を囲み、モデナの地元料理とランブルスコを味わいながらドライバーとの契約話や新車のプロジェクト会議、F1の戦略会議など、繰り返しおこなわれていたことだろう。

 1987年、バーニー・エクレストンとジャン・マリー・バレストルとのミーティングでエンツォが新しいターボの規則(加給圧制限や燃費制限)をなかなか承諾してくれないので、最後には「インジニエレ(エンツォのこと)、それではあなたが規則を作ってください」という会話があったことは有名な話だ。そのほか数え切れないエピソードが”カバリーノにはある。そう、70年という年月と共に、レストランの隅々にフェラーリの歴史、そしてエンツォ・フェラーリの思い出が刻まれているのだ。

 そのリストランテ・カバリーノが2021年6月15日、リニューアルオープンした。一体どのように生まれ変わったのだろうか。

 今回のリニューアルでは建物の構造を残し、内装を今までとはまったく異なるフェラーリの世界観に模様替え。その内装は発想力と経験を活かし世界中で活躍している女性建築家のIndia Mahdavi(インディア・マダヴィ)が手掛けることになった。

 肝心の料理の方は、モデナの3つ星レストラン”Osteria Francescana”のオーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラが指揮をとった。フェラーリの世界観を一新するために、建築も料理も世界トップクラスのふたりが揃ったのである。

 シェフのボットウーラは生粋のモデナ人。地元料理をこよなく愛していたエンツォには地元の料理を熟知しているシェフ、彼ほど相応しい料理人はいないだろう。

Nextさっそく新生カバリーノの内部へ潜入!
Gallery新生カバリーノに一番乗りしてきた【画像】はこちら(29枚)

page

RECOMMEND