VAGUE(ヴァーグ)

ランボルギーニそのもののスーパーヨットが納艇される

 2020年6月30日に発表された、ランボルギーニとイタリアン・シー・グループのコラボレーションによるモーターヨット「Tecnomar for Lamborghini 63(テクノマール・フォー・ランボルギーニ63)」だが、その初号艇が最初のオーナーに引き渡された。

  • 船首のライトなど、「シアンFKP37を感じさせる「テクノマール・フォー・ランボルギーニ63」

●ランボが手がけるだけに、超軽量ヨットに仕上がった

 このテクノーマル・フォー・ランボルギーニ63には、MAN社製V型12気筒、2000psという出力を誇るマリンエンジンが搭載されている。ドイツのMAN社は、フォルクスワーゲンのグループ企業で、ディーゼルエンジンに強みをもっており、自動車業界ではトラックで有名なブランドだ。

 ガソリンエンジンにおけるノウハウは豊富なランボルギーニだが、マリン用ディーゼルエンジンは、それを得意としている同グループのMAN社製を採用したわけだ。

 イタリアン・シー・グループが擁するブランドのなかで、テクノーマルはアグレッシブな船体デザインを特徴としている。そのイメージは、当時のアウトモビリ・ランボルギーニCEOだったステファノ・ドメニカリ氏が述べた「もし水上のランボルギーニをイメージするなら、テクノーマル・フォー・ランボルギーニ63は、自分が思い描くビジョンと同じ」という言葉に合致している。

 カーボンファイバー製のエクステリアは、「アヴェンタドール・ロードスター」からインスピレーションされたハードトップや、バウライトはランボルギーニのコンセプトカー「シアンFKP37」に採用されたY字型フロントライトを思わせるものとなっている。船体のデザインや細かなディテール、カラーリングなども同じだ。

 さらに、液晶モニターによってグラスコックピット化された操舵室のイメージは、ウラカンのコックピットのように思えるものだし、ステアリングホイールはまさしくランボルギーニそのもの。シートもカーボンファーバーシェルのスポーツシートだ。

 各部にカーボンファイバーを素材として採用するということには、ランボルギーニの持つイメージを再現するという以外にも意味がある。それは軽量化である。このテクノーマル・フォー・ランボルギーニ63の重量は、イタリアの船舶基準でいうところの超軽量ヨットにあたる24トン以下に収まっている。

* * *

 アウトモビリ・ランボルギーニの戦略ディレクターであるステファノ・ルティリアーニ氏は、テクノーマル・フォー・ランボルギーニ63について次のようにコメントしている。

「私たちはランボルギーニのDNAの真髄が、アスファルトの上を走るスーパースポーツカーと同じ姿勢で、今日、航海していることを誇りに思います。このヨットには、ふたつのチームが共有している価値観と完璧な相乗効果が、優れたプロジェクトの鍵となることを証明しています」

 いわゆるプレジャーボートを超えた、ラグジュアリーボート市場が活況化している現在、ランボルギーニだけではなくレクサスも新艇を開発し販売している。そこに他の自動車メーカーの参戦が続けば、これまでの道路上だけではない、海上での覇権争いもより激しくなっていくのではないだろうか。

Gallery【画像】まさしくランボルギー! ヨットのディテールをチェック(33枚)

RECOMMEND