VAGUE(ヴァーグ)

BMWカスタマイズの定番ホイールに新作登場

 1960年代から、おもにBMWの車両をベースとしたマシンによって、ツーリングカーレースに参戦し、BMWワークスのレース活動を支えてきたシュニッツァー・モータースポーツと、ドイツ国内で最大のBMWディーラーであるコール・オートモーティブが、1987年に共同で設立したのが「AC Shnitzer(ACシュニッツァー)」である。

  • ACシュニッツァーの新作ホイール「AC4」がついに登場した

●ACシュニッツァーはいまだ健在

 ACシュニッツァーはその沿革からもわかるように、シュニッツァー・モータースポーツとの関係が深く、レース活動によって得られたさまざまなノウハウを元にしたオリジナルアイテムを開発し、ミニも含むBMW車のチューニングや、コンプリートカーの製造をおこなっている。

 2020年末、シュニッツァー・モータースポーツは、その活動に終止符を打つことを発表したが、ACシュニッツァーの活動は変わりなく続いている。

 この先、パワーユニットがどのように変化をしていくのかに関わらず、チューニングやカスタマイズに対する市場からの要求は変化しない、あるいは強まる傾向にあるのではないかという分析もあることから、ACシュニッツァーはこれからも、BMWをより個性的にカスタマイズするためのトップブランドとして存在していくだろう。

●伝統の5スターの最新作

 そんなACシュニッツァーが、新作となるホイールを発表した。

「AC4」とネーミングされたこのアイテムは、ACシュニッツァーのアイデンティティである、5スターデザインを基調としたものだ。ツインスポークデザインはセンター部で集合し、ヘリコプターのローターブレードのようなイメージで、センターのペンタゴンキャップへとつながっている。一方でオーバーヘッドデザインとなっているエンド部は、リムとはっきりと仕切られているために、スポークの長さを視覚的にアピールしている。

 さらにそのスポークは、アンダーカットが施されているため、立体感が強い。もちろん、軽量化という部分にもこのアンダーカットは、フローフォミング(圧延処理)で形成されるリムとともに、大きく貢献している。ホイール1本の重量は、8.5J×20サイズでは11kg、9.5J×20サイズでは11.9kg。これは鍛造製法のホイールに匹敵するものといえる。

“強さ”、という部分でも、フローフォーミングで形成されたリムには有利さがある。鋳造したリムを回転させながら圧力を掛けて延ばしていくというこの製法には、金属組織を粘り強くするという特長がある。

 強い衝撃を受けた際、単に固いだけのホイールは、ともすると割れてしまったりすることがある。しかし粘り強さを持つホイールでは、衝撃をいなすことができる。段差の乗り越えや、予測不能な悪い路面がいきなり現れることもある公道走行において、この粘り強さというのは、大きなメリットといえる。

 また、ホイールを軽量化したことによるバネ下重量の軽減は、乗り心地という面に顕著に現れるものだ。しかしそれ以外にも、加速性能の向上や、車軸の慣性力が減ることによる、操作性の改善という効果がある。

 このAC4がターゲットとしているクルマは、F40型「1シリーズ」とG20/21型「3シリーズ」、G22/23型「4シリーズ」、そしてF39型「X2」。純正ホイールでの走行しか経験がないというオーナーにはぜひとも、AC4を履くことによるこれらの違いを、ぜひ感じてもらいたい。

Galleryホイールだけ交換してもカッコイイ! ホイールマッチングを【画像】で見る(29枚)

RECOMMEND