【40台限定/1億円】ゲンバラJrのオフロード・スーパーカーは「911ターボS」がベース

ポルシェのチューナーとして一時代を築き上げたウーヴェ・ゲンバラ。彼の息子が構想していたオフロード・スーパーカーの姿がついに明らかになった。

「911ターボS」をベースにオフロード仕様へ

 マルク・フィリップ・ゲンバラが製作している「プロジェクト・サンドボックス」の詳細が判明した。

 マルク・フィリップ・ゲンバラは、ゲンバラの創始者であるウーヴェ・ゲンバラを父に持つ。子供のころからモータースポーツやチューニングに親しんできた彼が、模倣品ではない、顧客のために特別なものをつくりたいということから開発を始めたのが、コードネーム「プロジェクト・サンドボックス」だったわけだが、今回明らかになったその正体は、ポルシェ「911ターボS(992型)」をベースとして、オンロードとオフロードの両方で究極のドライビング体験を可能とする「MARSIEN」と呼ばれるクルマだった。

価格はベースとなる911ターボSに加えて、49万5000ユーロ(邦貨換算約6400万円)となる

●「マーシャン」という名前の意味は

 このMARSIENというネーミングは、UAE(アラブ首長国連邦)にある、アル・ファヤ砂漠の真っ赤な砂からインスパイアされたものだ。マルク・フィリップ・ゲンバラと彼のチームは、このアル・ファヤ砂漠でプロジェクト・サンドボックスの実走テストをおこなっていた。MARSIENとは、フランス語で「火星人」もしくは「火星から」を意味する。

 マルク・フィリップ・ゲンバラは次のように語っている。

「火星にいるかのような風景と、プロジェクト・サンドボックスの未来的なデザイン、そしてオフロード性能を兼ね備えていることから、私たちの最初のプロジェクトにこれ以上ふさわしい名前はないと直感しました」

●ベースの911ターボSから100psアップ「

 では、このMARSIENとは、どんな特徴を持つクルマなのだろうか。

 まずボディは、カーボンファイバー製となっている。ボディパネルは、F1チームやスーパーカーメーカーにカーボン製パーツを供給している、ドイツの大手メーカーで製造されたものだ。

 ボディデザインは、ポルシェ「908」のデザインスタディでも知られる、アラン・デロージアが担当している。サイドフラップ付きのフロントスプリッターや、リアフラップ付きカーボンディフューザーなど、そのイメージはオンロードスーパースポーツのテイストが強い。

 しかし駆動系は、オフロードでの激しい走りに耐えられる、ヘビーデューティなものだ。エンジンはポルシェのチューニングでは老舗、といっていい、RUFオートモービルが担当。

 オリジナルが478kW(650ps)/800Nmという出力は、552kW(750ps)/930Nmにまで高められている。さらに、オプションとしてRUFのセカンドステージチューニングも用意されている。これはターボやEVUセッティングに変更を受け、最高出力が830psまで向上。同時に、この大パワーを活かすため、トランスミッションの設定も変更される、とのことだ。

 また、エアフィルターは、イタリアのBMCがMARSIEN専用のアイテムを用意している。砂漠でのテストは、高温化でも冷却を確実におこなえるかどうか、という狙いがあるのとともに、ほかではありえないごく小さな砂粒も、エンジン内部に進入させないエアフィルターのテストという狙いもあって行ったものだ。

Gallery:【画像】「911ターボS」ベースのオフロードスーパーカーとは(16枚)