1000台目のビスポーク誕生! ベントレー マリナーの超絶技巧とは

2021年7月9日ベントレー マリナーが、2014年に専門のデザインチームが作られて以降、記念すべき1000台目のビスポーク車を製作したと発表した。

1000台目のビスポーク車を注文したのはヨーロッパのカスタマー

 ベントレー マリナーは、パーソナライズされたビスポーク車の需要が高まった2014年に、専門のデザインチームを設立。そして2021年7月9日、記念すべき1000台目のビスポーク車を製作したとの情報が発表された。

 ベントレー マリナーの記念すべき1000台目のビスポークモデルとは、いったいどのような1台なのだろうか。

ベントレー マリナーの記念すべき1台目と1000台目のビスポークモデル

●1000件目のオーダーメイドプロジェクトの内容とは

 1000台目のビスポーク車は、ヨーロッパのカスタマーが注文したクルマで、ベントレーをよりパーソナライズするために、インテリアにふたつの特別なオーダーを出したという。

 ひとつは、「ベンテイガ」のインテリアにミュルザンヌの歴史を感じさせるオリーブアッシュのウッドパネルを使うこと、もうひとつは、インテリアのコントラストをより強調するようシートとドアトリムの上部に、ハイドに映えるツインステッチを施すことだった。

●ベントレー マリナーの歴史とは

 7年前にマリナーが手掛けた初めてのプロジェクトは、乗員の乗り心地にフォーカスを当てた、たった15台の限定モデル「フライングスパー・セレニティ」だった。

 シートとヘッドレストを一から作り直し、特別感を演出するために、新しくユニークなダイアモンドキルティングをキャビン全体に施すなど、様々なデザイン変更が施された。この独特なレザーのデザインは、現在のコンチネンタルGT マリナーでも使用されているダイアモンドデザインのもととなっているという。

 今回のマイルストーンを祝し、マリナーデザインチームは、この7年間に手掛けたクルマのなかでも、とくにお気に入りのクルマたちを公表。ジェット機にインスパイアされた「コンチネンタル」や、6 3/4リッターV8エンジンを誇る「ミュルザンヌ」、運転席側と助手席側に異なるトリムを配したベンテイガなどの、彼らが手掛けてきた作品が挙げられた。

 そして2014年からスタートした1000台のビスポークプロジェクトは、トレッドプレートをパーソナライズするものから、「マリナーバカラル」のような完全なコーチビルド車を作るもの、また、国内外からの依頼や限定モデル、レースカーのデザインなど多岐にわたっており、デザイナーやデジタルアーティストで構成されるベントレーのデザイン部門を兼ねる専門チームは、製作前にカスタマーの希望するデザインを写真のようなリアルな画像にして見せることができると説明している。

 この7年間で、ベントレーのコアなデザインDNAは、より深く統合されると同時に、カスタマーに幅広い可能性を示してきた。そして、そんなマリナーのカスタマーには、いまや想像と法律のふたつの制約しかないという。

 マリナーデザインをカスタマーに提示することは、ベントレーのマリナー戦略の中心であり、チームはベントレーの3つのビスポーク部門と深く協力。マリナーバカラルの12名のカスタマーにはパンデミックの間はZoomでデザインを決定する手助けをし、「ブロワー・コンティニュエーション・シリーズ」の12名のカスタマーにはスペシフィケーションを決める支援をおこなってきた。

 そして「コンチネンタルGTクーペ」と「コンバーチブル」のマリナーバージョンを製作し、すべてのカスタマーが様々なレベルのビスポークをおこなうことができるマリナー・パーソナル・コミッショニング・ガイドを創り上げてきたのだ。

 また、マリナーの仕事が少量生産であることは、デザインチームにさらなる自由をもたらしている。例えば、マリナーのストーンパネルは、厚さ1ミリ以下の石のシートを成形して仕上げるというが、非常に複雑で困難な製造工程のため、少量しか供給することできないのである。

 デザインチームはベントレーデザインの他の部門と密接に協力し、ベントレーの量産車では実現不可能な新しいアイデアやコンセプトを開発してきたのだ。

※ ※ ※

 マリナーとモータースポーツ部門担当取締役であるポール・ウィリアムズ氏は、次のようにコメントしている。

「2014年以降、当社のマリナーデザインチームは、週に平均3件のお客様からの依頼を受けており、いかにオーダーメイドのベントレー人気を博しているかを示しています。デザインマネージャーのフィリップ・ディーンが率いるチームは、コンチネンタルGT3の外装から、コンティニュエーションシリーズのブロワーの12台の仕様やディテールに至るまで、あらゆるデザインを手がけてきました。

これらのデザインに共通しているのは、個々のお客様のためのものであるということだけで、どれも唯一のものです。マリナーの専用ビジュアライザーを使用することで標準的に生産されるベントレーで実現可能な選択範囲に、新たな命が吹き込まれます。このビジュアライザーでは、お客様がクルマのカラーとトリムの仕様を選択し、その結果をリアルタイムで写真のように視覚化することができます。マリナーのデザイナーとの共創プロセスは、いまや誰にでも可能なのです」

Gallery:【画像】ベントレー マリナーが手掛けたビスポークモデル達を画像で見る(15枚)