新型「ミニ」を買うならコスパの高いディーゼルとパワフルな「クーパーS」が狙い目【深読み】

かつて欧州仕様といえばパワフルで、並行輸入でも手に入れたいものだったが、現在ではそうともいえないようだ。マイナーチェンジを受けた新型「ミニ」は、日本仕様の方がパワフルで、しかもディーゼルエンジンを選べるようになっているという。その理由を探る。

欧州よりもグレードが豊富な日本仕様のミニ

 その昔、輸入車の世界で欧州仕様といえばグレードが豊富で、排出ガス規制がゆるくてパワフルで、とにかくもてはやされたものだったが、時代は変わった。現代の「ミニ」は、実は欧州より日本の方が選択肢は多く、しかもパワフルだったりするのだ。

 2021年5月25日、3ドア、5ドア、コンバーチブルという3種類の新しいミニの日本仕様がお披露目された。ところが日本におけるモデルラインナップは、4か月ほど前のワールド・ワイドでの発表の時より増えている。さらにカタログを見ると、一部モデルは欧州仕様より最高出力が上回っている。いったい何が起こったのだろう。

新型「ミニ」はEVの「クーパーSE」が日本導入されていないが、その他のラインナップは日本の方が多い

 まず、2021年1月の時点でのワールドワイドでの発表時のラインナップは以下の様なものだった。

●ドイツ国内市場向けラインナップ

■ミニ3ドア&5ドア
1.5リッター3気筒ガソリン75ps「ワン・ファースト」
1.5リッター3気筒ガソリン102ps「ワン」
1.5リッター3気筒ガソリン136ps「クーパー」
2リッター4気筒ガソリン178ps「クーパーS」

■ミニ3ドアのみ
1モーター184ps「クーパーSE」
2リッター4気筒ガソリン231ps「ジョン・クーパー・ワークス」

■ミニ・コンバーチブル
1.5リッター3気筒ガソリン102ps「ワン」
1.5リッター3気筒ガソリン136ps「クーパー」
2リッター4気筒ガソリン178ps「クーパーS」
2リッター4気筒ガソリン231ps「ジョン・クーパー・ワークス」

 基本的に上記はドイツ国内市場向けのラインナップである。ワン・ファーストは導入初期のみのモデルで、すでに現在は選択ができないようなので省き、さらに3ドアと5ドアを分けると、全部で12種類ということになる。

 では、2021年5月の日本でのお披露目の際の、ラインナップはどうだったのか。

●日本国内市場向けラインナップ

■ミニ3ドア&5ドア
1.5リッター3気筒ガソリン102ps「ワン」
1.5リッター3気筒ガソリン136ps「クーパー」
1.5リッター3気筒ディーゼル116ps「クーパーD」
2リッター4気筒ガソリン192ps「クーパーS」

■ミニ3ドアのみ
2リッター4気筒ガソリン231ps「ジョン・クーパー・ワークス」

■ミニ5ドアのみ
2リッター4気筒ディーゼル170ps「クーパーSD」

■ミニ・コンバーチブル
1.5リッター3気筒ガソリン136ps「クーパー」
2リッター4気筒ガソリン192ps「クーパーS」
2リッター4気筒ガソリン231ps「ジョン・クーパー・ワークス」

 3ドアと5ドアを分けると全部で13種類。1種類だけとはいえ、日本の方が選択肢が多いことになる。

 その最大の理由は、生産国であるイギリスやドイツをはじめとする欧州各国において、ディーゼルエンジンが選べないからだ。実は2021年1月の発表時も、ほとんどディーゼルについては触れられていなかった。フォルクスワーゲンのディーゼル ゲート事件以降、イメージが急落したことと、新しい排出ガス規制への対応はコストがかさむため、欧州での販売は中止としたようだ。

Gallery:【画像】オススメの新型「ミニ」はこれだ!(22枚)