新型「500e」がサプライズ参加! フィアット「500」のお誕生日会「フィアット・ピクニック」を開催

FCAジャパンは、取り扱いブランドであるフィアット「500(チンクエチェント)」の誕生日である2021年7月4日に、フィアット公式バースデーイベント「フィアット・ピクニック」を開催した。

フィアットオーナーやファンが一堂に会する毎年恒例のイベント

 FCAジャパンは2021年7月4日、フィアット公式バースデーイベント「フィアット・ピクニック」を開催した。

「Made In Japan Project」の一環でおこなわれた「田んぼアート」

 フィアット500(チンクエチェント)の誕生日を祝うイベントは毎年開催されており、オーナーにとって楽しみにしているイベントだ。

 今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、50組のオーナー限定イベントとして、現在実施中の田んぼアートプロジェクト「フィアット Agri Art Project」の舞台である新潟県燕市で開催された。

●田んぼに巨大な500が出現!

 当選倍率10倍となった同イベント当日はあいにくの空模様となったが、燕市長の鈴木力氏やFCAマーケティング本部長ティツィアナ・アランプレセ氏、特定非営利活動法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト副理事の長江一彌氏が登壇し、見頃となった「フィアットAgri Art Project」の田んぼアートをお披露目した。

 色の異なる稲を使って絵を描く田んぼアートは、これまでフィアットがおこなってきた日本のものづくり支援「Made In Japan Project」の一環である。

 フィアットのMade In Japan Projectは、人・産地・自然が豊かになれるクルマづくりと、社会全体で共有できる価値を創ることを目指した社会活動で、さまざまな産地とのコラボレーションにより、日本の職人のものづくりを支援している。そして7年目となる2021年は、燕の農業・ものづくりの魅力を、フィアットを通じて全世界に発信すべく、燕市役所南面の田んぼを借用しての田んぼアートに取り組んだという。

 田んぼアートの見ごろは8月下旬ごろまでで、誰でも無料で観覧することが可能。田植えからの稲の成長もフィアット×Made In Japan Project公式サイトで見ることができる。

●500eがサプライズ展示

 美しい田んぼアートの他に招待者の目を釘付けにしたのが、新型モデルのサプライズプレビューである。イベント会場には、フィアット初の電気自動車「500e(チンクエチェントイー)」のテスト車両もサプライズ展示された。

 さらに、テノール歌手の柴田泰孝氏のライブやワークショップ招待者様全員参加のジェスチャーゲームなど、感染対策に工夫を凝らしつつも様々なアクティビティがおこなわれ、大盛況のなかでイベントは終了した。

 同イベントのレポートは、2021年7月21日にフィアット・ピクニック2021公式サイトで公開予定。さらに同公式サイトでは、「フィアット500」の誕生日を祝うSNSキャンペーンが、7月1日から31日まで開催されているので、是非チェックしていただきたい。

Gallery:【画像】フィアット「500」の誕生日を祝う公式イベント「フィアット・ピクニック」の様子を写真で見る(14枚)