ブガッティがEVハイパーカー「リマック」と合弁会社設立! ブガッティもついにEVへ本格シフト

ブガッティとリマックが、ついに新合弁会社を設立。これにより、ブガッティのEV化は盤石のものになる予定だ。

ポルシェとリマックによる、ハイパーカー電動化への布石

 スーパーカー界における最高の名門、フランスのブガッティと、EVハイパーカーの分野で世界をリードする東欧クロアチアの新興企業リマックの協業については、かねてから業界の噂となっていたが、2021年7月5日に、その両社によって新合弁会社が設立されることが正式に公表された。

 新会社の名は「Bugatti Rimac d.o.o.」。そしてこの新展開には、リマックの大株主であるとともに、フォルクスワーゲン・グループ内でブガッティをコントロールする立場にある、ポルシェの影響力も大きく関与しているようだ。

 ブガッティとリマックの双方から出された声明から、今回の新会社設立の狙いを読み取ってみよう。

今後、ハイパースポーツカー・ビジネスにおけるブガッティの強力な専門知識と、EVという分野におけるリマックの驚異的かつ革新的な強みを組み合わたクルマが誕生する

●ブガッティからの声明

 まずはブガッティ側、「ブガッティ・オトモビルS.A.S.」から発表されたプレスリリースの一部をご紹介しよう。

「本日、ポルシェとリマック・アウトモビリは、ブガッティを含む新しい合弁会社『ブガッティ・リマック』を設立する計画を最終決定しました。

 両社のCEOであるオリバー・ブルーメとメイト・リマックは関連する契約書に署名し、ブガッティ・リマックの株式分割を確立しました。55%はリマック・アウトモビリが、45%はポルシェが保有しています。

 共同会社の設立は、いくつかの国の独占禁止法当局の承認を条件として、2021年の第4四半期におこなわれる予定です。ブガッティは現在の所有者であるフォルクスワーゲン・グループによって合弁会社に組み入れられ、そののち株式はポルシェに譲渡される予定です。

 新会社の『ブガッティ・リマック』は、両方の強力なブランドの遺伝子を組み合わせています。このふたつのブランドは一体となって、顧客にとっても従業員にとっても魅力的な自動車メーカーを構築することになるでしょう」

 これまでの「ブガッティS.A.S.」は、1909年に開祖エットレ・ブガッティが設立したフランス・モルスハイムにある「メゾン」に今後とも残り、新生「ブガッティ・リマック」には超弩級ハイパーカーに求められる職人技による製作・コーチワーク技術、カーボンファイバーなどの軽量マテリアル、そしてユニークで経験豊富なネットワークなど、すべてのノウハウをもたらしていくという。

 ブガッティを含む3社曰く、ポルシェとリマック・アウトモビリは、ブガッティが将来をともにするには最適なパートナーとのこと。

 ポルシェは2018年からリマックとパートナーシップを結び、「タイカン」にもリマックの高電圧バッテリー技術と電動パワートレインのテクノロジーが生かされているかたわら、現在ではリマック社の株式の24%を保有する大株主となっている。

* * *

 今回の新会社設立に際して、ポルシェAGの取締役会会長であるオリバー・ブルーメ氏は、プレスリリース内で以下のように述べている。

「私たちは、ハイパースポーツカー・ビジネスにおけるブガッティの強力な専門知識と、EVという分野におけるリマックの驚異的かつ革新的な強みを組み合わせていくつもりです。

 ブガッティは伝統に富んだブランド、アイコニックな製品たち、独自の品質基準と職人技、熱烈な顧客基盤、グローバルなディーラーネットワークを、これから合弁事業に提供していきます。一方リマックは、テクノロジーに加えて新しい開発と組織的なアプローチに貢献していくことになるでしょう」

Gallery:【画像】ブガッティとリマックのタッグを組むとどうなる?(6枚)