15万円プラスで開放的で気持ちイイ「500X グランビスタ」登場! ツインルーフはマストアイテム

フィアットの「500ファミリー」の一員らしい個性的なスタイリングと大人4人がゆったりくつろげる居住性、長距離移動でも快適な安定感のある走りを実現した「500X」に、限定車「500X グランビスタ」加わった。

移動時間をさらに開放的にするツインサンルーフ装備!

 FCAジャパンは、フィアットのコンパクト・クロスオーバーSUV「500X(チンクエチェント・エックス)」に、特別なボディカラーやサンルーフを特別装備した限定車「500X グランビスタ」を設定した。

 500X グランビスタは128台限定で、2021年7月10日より販売を開始する。車両価格(消費税込、以下同)は、356万円だ。

ツインサンルーフを採用することで、圧倒的な開放感を得た限定車「500X グランビスタ」

 車名となった「グランビスタ」とは、「壮大な眺め・景色」を意味しており、その名のとおり、ツインサンルーフを採用することで、圧倒的な開放感を得ることができることから名づけられた。

●「500X グランビスタ」のエクステリアは?

 ボディカラーは、通常は設定のない特別なイタリアブルーを基調に、ピラーやルーフをブラックで仕上げたツートーンカラーを採用。

 エクステリアミラーカバーもブラック仕上げとされ、スタイリッシュな外観に仕上げられている。

●「500X グランビスタ」のインテリアは?

 フロントシートの頭上に電動開閉式のガラスルーフ、後席には固定式ガラスサンルーフを採用。

 後席にも採光を確保したことですべての席が明るく、開放的な気分を味わえるのが特徴となっている。

●「500X グランビスタ」のベース車両は?

 500X グランビスタは、「500X クロス」がベースとなっている。

 主な装備としてはLEDヘッドライト、レザーシート(シートヒーター付)、8ウェイパワーシート(前席)、デュアルゾーン式フルオートエアコンなどが標準装備される。

 また対向車や前走車の有無を検知してヘッドライトのハイ/ローを自動で切り替える自動ハイビームや、車線からの逸脱を警告するレーンデパーチャーウォーニング、ブラインドスポットモニター、リアクロスパスディテクションなど、運転支援装置も充実している。

●ベース車両プラス15万円の価値はあるのか?

 コロナ禍のなか、家族での移動手段として再評価されている自動車だが、大人4人がゆったりと寛げる居住性と、車内を開放的にするツインサンルーフが装備された「500X グランビスタ」は、まさに時代にマッチした仕様ではないだろうか。

 ベースの500X クロスの車両価格が341万円であるので、その差は15万円。ツインルーフが装備されスポーティなツートーンカラーであることを考えると、妥当な車両価格といえるだろう。

フィアット・500X の中古車をさがす

Gallery:【画像】開放感あふれるフィアット「500X グランビスタ」の仕様とは?(7枚)