「ディフェンダー」2022年モデル発表! 限定グレード「XS EDITION」の装備とは

SUVブームのなかでも、とくに人気があるのがランドローバー「ディフェンダー」だ。ローンチエディションが即座に完売したのは記憶に新しいが、はやくも2022年モデルのラインナップが明らかになった。オススメは2022年モデル限定グレードの「XS EDITION」だ。

ディフェンダー2022年モデル限定グレード「XS EDITION」に注目

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「ディフェンダー」2022年モデルの受注を、2021年6月28日(月)より開始した。人気SUVのディフェンダーの2022年モデルはどこが変わったのだろうか。

ディフェンダーの2022年モデル限定グレードとなる「110 XS EDITION」の車両価格は、855万円(消費税込)だ

 ディフェンダーの2022年モデルに搭載されるエンジンは、3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV、最高出力300ps・最大トルク650Nm)と2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力300ps、最大トルク400Nm)の2種類が用意され、全14機種展開となる。新たに設定、追加されたのは次のとおりだ。

●「90」に「X-DYNAMIC」を設定

 2022年モデルではラインアップが見直され、これまで「110(ワンテン)」のみであった、タフさやダイナミックさを強調する内外装を採用したグレード「X-DYNAMIC」を「90(ナインティ)」にも設定されることになった。

●新たな3つのビジュアルパックを設定

 オプションも見直され、既存の「ブラックエクステリアパック」に加えて新しい3つのビジュアルパック「エクステンデッドブラックエクステリアパック」、「ブライトエクステリアパック」、「エクステンデッドブライトエクステリアパック」が導入された。

●2022年モデル限定「XS EDITION」追加

 2022年モデル限定グレードの「XS EDITION」を「90」、「110」ともに追加。ベースは「X-DYNAMIC SE」で、プライバシーガラス、メタリックペイントなどの厳選した装備を採用。おもな装備は下記のとおりだ。

・XS Edition エクステリアパック(ボディ同色のロワーボディクラディングおよびホイールアーチ、グロスブラックのボンネットフィニッシャー、ウインドスクリーンに専用のVINプレート)
・20インチ「スタイル5095」5スプリットスポーク
・スライディングパノラミックルーフ
・12ウェイ電動フロントシート(ヒーター&クーラー、メモリ、2ウェイマニュアルヘッドレスト付)
・ClearSightインテリアリアビューミラー
・ヒーテッド ステアリングホイール
・フロントセンターコンソール急速クーラーボックス
・トレッドプレート(メタル、イルミネーション機能&「DEFENDER」スクリプト付)
・エアサスペンション
・アダプティブダイナミクス
・ワイヤレスディバイスチャージング

●2022年モデルの車両価格は?

 ディフェンダー90は直列4気筒ガソリンエンジンのみ、ディフェンダー110は直列4気筒ガソリンエンジンと直列6気筒ディーゼルエンジン(MHEV)のいずれかを選ぶことができる。車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

●ディフェンダー90(2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル)

・90 P300:551万円
・90 S P300:632万円
・90 SE P300:686万円
・90 HSE P300:758万円
・90 X-DYNAMIC SE P300:753万円
・90 X-DYNAMIC HSE P300:835万円
・90 XS EDITION:797万円

●ディフェンダー110(2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル)

・110 P300:619万円
・110 S P300:692万円
・100 SE P300:744万円
・110 XS EDITION:855万円

●ディフェンダー110(3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル)

・110 S D300:754万円
・110 X-DYNAMIC SE D300:865万円
・110 X D300:1171万円

Gallery:「ディフェンダー」の2022モデルを【画像】でチェック!(10枚)