BMW「M2 CSレーシング」日本上陸! 初のサーキット専用モデルは最高出力設定可能

ビー・エム・ダブリューは2021年6月28日、コンパクトスポーツ「M2 CS」をベースに仕上げられたサーキット専用モデル「M2 CS Racing(M2 C2レーシング)」の購入受付を開始した。なお日本国内においては、BMW Mモデルのレース仕様車両を販売する国内唯一のBMW Mモータースポーツディーラーである、モトーレン東都のみでの限定販売となる。

450馬力仕様も同時に発売

 ビー・エム・ダブリューは2021年6月28日、コンパクトスポーツ「M2 CS」をベースに仕上げられたサーキット専用モデル「M2 CS Racing(M2 C2レーシング)」の購入受付を開始した。なお日本国内においては、BMW Mモデルのレース仕様車両を販売する国内唯一のBMW Mモータースポーツディーラーである、モトーレン東都のみでの限定販売となる。

BMW「M2 CSレーシング」

 M2 CSレーシングは、BMW M社が開発したサーキット専用モデルとして、レースシーンでの高いパフォーマンスを発揮しながらも扱いやすい車両サイズと価格によって、カスタマーレーシングにおけるエントリーモデルとなっている。

 3リッター直列6気筒Mツインパワーターボエンジンや、モータースポーツ専用のソフトウェアにより制御される7速DCTを搭載、最大トルク550Nm/2350−5500rpmを発揮する。

 最高出力は各レース規定に基づき280psから365psの間に設定可能になっている。また車両購入後に個人でパーツなどを追加することで、最高出力460psにまでチューンナップすることも可能で、すでに450psまで引き上げられたモデルも販売される。

 エンジンパワーのコントロールは、パワースティックと呼ばれるUSBによって調整が可能で、レースごとに設定されるBOP(性能調整)に応じてパフォーマンスレベルのプログラミングおよび呼び出しが可能になっている。

 車両価格はM2 CSレーシング ベースバージョンが1499万円(消費税込、以下同)、M2 CSレーシング 450psバージョンが1799万円となる。車両は全車左ハンドル仕様だ。

 カスタマーレーシング・エントリーモデルとしABSやDSCなどのドライビングアシストシステムもレース仕様に調整されているため、ビギナードライバーでもより安全に車両操作が可能になるよう配慮されているという。またエアジャッキシステムが標準装備され、メンテナンスの容易さも備えている。

●M2 CSレーシング おもな標準装備

エクステリア
・カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)製のM2 CSルーフ
・タンクフィラーネック(Makrolon製)リアサイドウインドウ
・フロントスプリッター
・モータースポーツ・リアウイング(角度調整可能)
・タイヤ:ミシュラン製スリック 27/65−18 S9L
・ホイール:10.5×18アロイ・ホイール(マットブラック)

インテリア
・エアコンディショナー
・Sabelt製Taurus XLシート
・Schroth製6点式セーフティハーネス
・カラーディスプレイ搭載のAIM製MXG 1.2レーシングダッシュロガー
・照光式スイッチパネル搭載のセンターコンソール
・チルト&テレスコピックステアリングコラム
・操作ボタンとロッカースイッチを備えた着脱可能なBMW Motorsportステアリングホイール
・大型ルームミラー
・電動調節式サイドミラー
・ヒーター付きフロントウインドウ
・消火システム

BMW・M2 の中古車をさがす

Gallery:【画像】初のサーキット専用Mモデル! BMW「M2 CSレーシング」を見る(23枚)