アストンマーティンが究極の「ヴァルキリーAMR Pro」を発表! 購入後の楽しみ方とは?

アストンマーティンのハイパーカー「ヴァルキリー」に、サーキット専用モデルとなる「ヴァルキリーAMR Pro」が新たに加わった。現在分かっているヴァルキリーAMR Proの仕様と、その楽しみ方をレポートする。

アストンマーティンのサーキットプログラム

 2021年6月28日、アストンマーティンは、ロードカーの「ヴァルキリー」をベースとしたサーキット専用モデル「ヴァルキリーAMR Pro」を発表した。

 ヴァルキリーAMR Proはすべて左ハンドル仕様となり、プロトタイプが2台と40台の市販車両が生産される。最初のデリバリーは2021年第4四半期から開始される予定だ。

「ヴァルキリーAMR Pro」はすべて左ハンドル仕様となり、プロトタイプが2台と40台の車両が生産される

●ヴァルキリーAMR Proが生まれた経緯とは

 2019年、アストンマーティン、エイドリアン・ニューウェイ、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズ(RBAT)、エンジニアリングパートナーのマルチマティックは、新たに導入されたハイパーカークラスでル・マン24時間レースに勝利することを目標として、アストンマーティン・ヴァルキリーレースカーの設計に全力で取り組んでいた。その非常に高度な設計思想が、新型ヴァルキリーAMR Proのベースとなっている。

 2018年のジュネーブ・モーターショーで最初に公開されたオリジナルコンセプトは、公道走行可能なヴァルキリーのプラットフォームから最大限のパフォーマンスを引き出すことを目標としていたが、新型ヴァルキリーAMR Proは、ル・マン・プロジェクト、つまりこの時に得たレースに最適化されたシャシ、エアロダイナミクス、パワートレインがフィードバックされている。

 さらに、レースのレギュレーションによる制約から解放されたデザインとパフォーマンスにより、ヴァルキリーAMR Proの性能は、ル・マン24時間レースで勝利するために設計されたマシンのパフォーマンスを凌駕するものとなった。

●いま分かっているヴァルキリーAMR Proの仕様とは

 ヴァルキリーAMR Proは、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズ(RBAT)とのテクニカル・パートナーシップにより開発が進められている。新しくなったヴァルキリーのシャシは、ホイールベースが380mm延長され、トレッドは、フロントが96mm、リアが115mm拡大された。

 ヴァルキリーAMR Proは、アグレッシブな空力パッケージを装着することにより全長も266mm拡大され、巧みなアンダーボディ処理と、ウイングがもたらすエアフロー効果により、並外れたダウンフォースを生み出すことに成功した。それにより、ヴァルキリーAMR Proは、ヴァルキリー ロードカーの2倍のダウンフォースを発生し、3Gを超える横方向加速度を実現した。

 搭載されるエンジンは、コスワース製のセンセーショナルな6.5リッター自然吸気V12エンジンの改良版。レッドゾーンが1万1000rpmに設定されたこの内燃機関エンジンは、1000bhp(1014ps)の最高出力を発生することが目標とされている。

 軽量化は、バッテリー式電動ハイブリッドシステムの削除に加えて、超軽量なカーボンファイバー製ボディ、カーボンファイバー製ウィッシュボーン・サスペンション、Perspexフロントおよびサイドウインドウなどの採用によって実現した。

 ル・マン・ハイパーカー・クラスのレギュレーションを超えるエアロダイナミクス効率により、ヴァルキリーAMR ProはF1マシンに近いサーキット・パフォーマンスを発揮すると思われる。

 なお、ヴァルキリーAMR Proの仕様およびパフォーマンスの詳細は後日発表される予定だが、その目標は、ル・マン24時間レースが開催される1周13.629kmのサルト・サーキットで、3分20秒のラップタイムを記録することにあるという。これは、世界最高峰の耐久レースを戦うLMP1クラスの最速マシンと同等の性能を備えていることを意味している。

●購入後のヴァルキリーAMR Proの楽しみ方

 サーキット専用のヴァルキリーAMR Proを購入したカスタマーは、厳選された世界中のFIA公認サーキットでアストンマーティンが主催するサーキット・デイに参加することができる。

 このイベントには、サーキットおよびピットレーンへのアクセス、ヴァルキリーインストラクター・チームによるサポート、FIA公認レースウェアの提供、VIPディナーが含まれている。

 サーキット・デイは、ヴァルキリーを購入したすべてのカスタマーに開放され、さらに「Art of Living」プログラムを選択することにより、英国、ヨーロッパ、南北アメリカなどで、もっともチャレンジングでダイナミックなルートを走行するツアーに参加することも可能だ。これらのエクスクルーシブな体験に関する追加情報は、後日発表されるとのこと。こうしたイベントに参加することで、カスタマーは、エキサイティングなヴァルキリーの走りを十分に満喫できるということだ。

* * *

 カスタマーにサーキットプログラムやエクスクルーシブなツアー体験を提供する先駆者としては、フェラーリが挙げられる。すでに、ランボルギーニやマクラーレンもカスタマーを囲い込むエクスペリエンス型のイベントを次々と開催しているが、ついにアストンマーティンも、というところだろう。

 アストンマーティンは歴史も長く、これまで生産した車両の残存率も高いことで有名だ。最新のハイパーカーでるヴァルキリーと、ヒストリックモデルの両方を所有して、アストンマーティンの至高のホスピタリティを体験してみてはいかがだろうか。

Gallery:【画像】F1並に速いアストンマーティン「ヴァルキリーAMR Pro」とは(9枚)