【3台限定】「A3」誕生100周年記念のアストンマーティン「ヴァンテージ」とは?

アストンマーティンが、現存する最古モデルである「A3」の誕生100周年を記念して、トリビュートモデルを製作した。

アストンマーティンの歴史的モデルをトリビュート

 アストンマーティンは、現存する最古のモデル「A3」誕生100周年を記念して、「ヴァンテージ ロードスター」をベースにした現代的なトリビュート・モデルを製作した。このモデルは、英国の老舗ディーラーであるアストンマーティンHWMを介して製作され、その台数はわずか3台のみで、現在オーダー受付中だ。

「A3」のインテリアの特徴となっていた真鍮からヒントを得たアイテムとして、特別仕様のロータリー・スイッチが採用されている

 アストンマーティンHWMは、アストンマーティン・ヘリテージ・トラストと協力して、「A3」に敬意を表した「ヴァンテージ・ロードスター」のトリビュート・モデルの製作を、アストンマーティンのパーソナライゼーション・サービス部門である「Q by Aston Martin」に依頼。

 この特別なトリビュートモデルは、ストンマーティン・オーナーズクラブのサポートを受けて、アストンマーティン・ヘリテージ・トラストが主催する「A3」100周年記念イベントで2021年6月26日に初公開される予定だ。

●「A3」を記念した「ヴァンテージ ロードスター」の仕様とは

 インテリアとエクステリアの細部に至るまで考え抜かれたデザインのハイライトは、A3のレトロな仕上がりを再現した光沢アルミニウム・サラウンドとブラックのスクエアメッシュを備えたユニークなフロントグリルだ。

 さらに、A3の製作時に使用されたアストンマーティンのヘリテージ・バッジもメッシュに装着されている。

 サドルレザー・ストラップを備えたユニークなサイドフェンダー・パネルは、1921年に製作されたA3の露出したアルミニウム・ボンネットと、それを固定したボンネット・ストラップからヒントを得たものだ。

 手作業で磨き上げられたボディパネルは、戦前のアストンマーティンのレストアを手掛けるペシャリスト、エキュリー・ベルテッリによって丹念に仕上げられている。

 このデザインに加えて、オリジナル・モデルに装着されていた「No3」の文字も刻印されている。さらに、A3に数多く採用されていたブロンズのアイテムを再現するために、ブロンズカラーのブレーキ・キャリパーが装備され、専用の20インチ・グロスブラック軽量鍛造ホイールをセット。

 インテリアでは、マイクロパフォレーテッド仕上げの縦溝シート、リアの収納スペースに刺繍された伝統的なアストンマーティン・スクリプト(1921年にアストンマーティンが使用していたものと同じスクリプト)が特徴となっている。

 さらに、オブシディアン・ブラックのインテリアには、チェストナット・タンレザーのアクセントとチェストナット・タンのコントラスト・ステッチが施されている。

 ほかにもA3のインテリアの特徴となっていた真鍮からヒントを得たアイテムとしては、特別仕様のロータリー・スイッチも採用されている。これらは、特別に真鍮から鋳造することで、当時の雰囲気を演出することに成功している。また、センターコンソールには、エンボス加工されたヘリテージのアストンマーティン・ロゴが装着されている。

Gallery:【画像】100年前と現代のアストンマーティンを比べてみよう(19枚)