レースカーと同じステアリングで対戦! ベントレーとファナテックが共同開発したゲーム用アクセサリーとは

パイクスピークに参戦するベントレー「コンチネンタルGT3」のステアリングホイールは、なんとゲームシュミレーター用としても使用できるコレクターズアイテムだった。

バーチャルでのレースにも使用できるステアリングホイール

 ベントレーは、特別にチューニングした「コンチネンタルGT3」でパイクスピークにチャレンジするが、このヒルクライムレースの参戦車両のステアリングホイールは、ファナテック社と共同開発されたものだ。このGT3ステアリングホイールはコレクターズアイテムとしてだけでなく、ゲームでも使用することができる点でいま話題を集めている。

レースカーとまったく同じステアリングホイールをゲームシュミレーターで使用できる

●ゲームにも使えるステアリングホイールの仕様は?

 コンチネンタルGT3のステアリングホイールの中央には、円形のデジタルディスプレイが配置され、ドライバーに重要なテレメトリ情報やパフォーマンスに関する情報を表示。

 ベントレー独自のデザインディテールとして、ロータリーエンコーダーには特徴的なローレット加工が施されている。また、鍛造カーボン製ディスプレイベゼル、エンコーダー機能を備えたふたつの7方向「ファンキースイッチ」ディレクショナルスティック、光学式エンコーダーを備えたひと組のアルニウム製サムホイール、ロードカーのコンチネンタルGTのデザインに基づいたマグネットパドル(ギアシフト用ふたつと補助用ふたつの計4つ)などが装備されている。

 このステアリングホイールは、実際のパイクスピークに参戦するコンチネンタルGT3だけでなく、ファナテック社のフォースフィードバック・ホイールベースにも使用することが可能だ。

 また、バーチャルドライビング体験に使用しないときは、専用のマウントを使用して壁や机に飾っておくことも可能だ。さらに、頑丈なハードトラベルケースも付属している。

 気になる価格や販売時期などの情報については、まだ発表されていない。

●ところで「ファナテック」とは、どんな会社?

 ファナテックは、PlayStation、Xbox、PCベースのレーシングシミュレータ用のフォースフィードバック・ステアリングホイール、ペダル、コンプリートコックピットを含む、レーシングシミュレータ専用ハードウェアのトップブランドだ。

 ファナテックは、F1 Esports Pro Series、eSport WRC Championship、SRO E-sport GT Series など、さまざまなesportsシリーズの公式ハードウェアパートナーであり、いまやシムレース用ハードウェアは世界中のライブ放送に欠かせない存在だ。

* * *

 ベントレーモーターズのモータースポーツ・ディレクターであり、熱心なシムレーサーでもあるポール・ウィリアムズ氏は次のようにコメントしている。

「ファナテック社とのディテールまでのコラボレーションにより、ベントレー コンチネンタル GT3 バイクスピークのステアリングホイールがバーチャル用にも使えるようになりました。ゲームファンにとって、史上最速のクルマを運転するスリルを自宅で味わえる、これ以上にリアルな方法はありません」

 また、ファナテックの親会社であるEndor AGのCEO、トーマスジャッカーマイヤー氏は次のように述べている。

「このステアリングホイールは、私たちがこれまでに製造したなかでもっとも先進的なステアングホイールであり、まさに素晴らしい、クールなクルマに使用されます。われわれは、伝説的なパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでレースをする象徴的なクルマのために、象徴的なステアリングホイールを作るという名誉を得ました。われわれのお客様はその体験を共有し、まったく同じステアリングホイールをシミュレーターで運転することができます」

Gallery:【画像】ゲームと実車で使えるステアリングホイールとは?(9枚)