【限定20台】黒すぎるBMW「8シリーズ」登場! 「フローズン ブラック エディション」はどこが黒い?

BMW「8シリーズ」に、内外装をブラックで統一したスペシャルモデルが登場した。クーペで5台、グラン クーペで15台の限定モデルだ。

強烈な存在感を放つ、漆黒の「8シリーズ」

 ビー・エム・ダブリューは、クーペモデルのフラッグシップである「8シリーズ」の内外装を漆黒で統一し、スポーティさを際立たせたBMW「8 Series Frozen Black Edition(ハチ シリーズ・フローズン ブラック エディション)」の受注を、2021年6月30日午前11時からBMWのオンライン ストア限定で開始することを発表した。

BMW「8シリーズ」に、内外装をブラックで統一したスペシャルモデル「フローズン ブラック エディション」

●限定台数と車両価格は?

 日本国内における販売台数は、「8シリーズ クーペ」が5台、「8シリーズ グラン クーペ」が15台の合計20台となる。

 ベースとなるのは2997cc直列6気筒ターボエンジンを搭載した「840iクーペ/グラン クーペ」のM Sportsで、フローズン ブラック エディションの車両価格(消費税込、以下同)は次のとおりだ。

・840i クーペ フローズン ブラック エディション:1500万円
・840i グラン クーペ フローズン ブラック エディション:1510万円

 それぞれベースモデルの車両価格は、840iクーペが1335万円、840iグラン クーペが1320万円となるので、クーペで165万円プラス、グラン クーペで190万円プラスとなる。

 グラン クーペの方が割高に見えてしまうが、これはグラン クーペにはオプションの電動パノラマガラス サンルーフ(28万8000円)が、フローズン ブラック エディションには標準装備されるからだ。

●漆黒の仕様とは?

 外板色は、BMW Individualのカラーであるマット調ブラック「BMW Individualフローズン・ブラック」を採用。キドニーグリルやテールパイプ、20インチMライトアロイホイール728M、Mスポーツ ブレーキキャリパーなどもブラックで統一されている。

 内装では専用装備となるブラックのMスポーツ シートに加え、BMW Individualアルカンターラ・ルーフライナー、ブラックのエクステンデッド レザー メリノ、BMW Individualピアノブラック トリムが採用されている。

 このほか、Bowers & Wilkinsダイヤモンド サラウンド サウンドシステムも装備され、ラグジュアリーな室内空間となっている。

BMW・8シリーズクーペ のカタログ情報を見る

BMW・8シリーズグランクーペ のカタログ情報を見る

Gallery:【画像】黒すぎる「8シリーズ」の黒い部分とは(20枚)