【日本初上陸】高級アップルウォッチケース「ゴールデン コンセプト」の新モデル「RSシリーズ」の何がすごい?

ネイマールJrやセルヒオ・アグエロなどのサッカー選手を始め、DJキャレドやミーク・ミル、リック・ロスなど、数々の著名人を顧客に持つスウェーデン発のブランド「ゴールデンコンセプト」の高級アップルウォッチケースから、新モデル「RSシリーズ」が日本初上陸。2021年6月23日より、ゴールデンコンセプト日本公式サイトにて、先行予約の受付を開始した。

「高級アップルウォッチケース」という新たなジャンルを開拓

「ゴールデンコンセプト」の高級アップルウォッチケースから、新モデルRSシリーズの日本初上陸が決定。ゴールデンコンセプト日本公式サイトでの、先行予約の受付が2021年6月23日より開始された。

 販売価格(消費税込)は、カーボンが20万9000円、チタンが14万3000円となる。

「ゴールデンコンセプト」の高級アップルウォッチケースの新モデル「RSシリーズ」

 ゴールデンコンセプトは、ネイマールJrやセルヒオ・アグエロなどのサッカー選手を始め、DJキャレドやミーク・ミル、リック・ロスなど、数々の著名人を顧客に持つスウェーデン発ブランドだ。

 さまざまなブランドから発売されているアップルウォッチケースのなかにおいて、「高級アップルウォッチケース」という新たなジャンルを開拓したのが、ゴールデンコンセプトだ。

 2020年に発売されたアップルウォッチをドレスアップさせる一連のケースは、ゴールデンコンセプトでもっとも成功をおさめた製品だ。そして2021年、これまでの常識を覆す新たなハイエンドケースを開発したという。

 よりアクティブな男性を念頭に置いて設計されたRSモデルは、「軽量化」に重きを置いて開発。従来のステンレススチール製ケースでは、アップルウォッチ本体に加えてケースの重量が加わることで、腕元にずっしりとした着用感があり、スポーツや運動を楽しむユーザーにとってベストな物とはいえない製品となっていた。

 そこで今回発売されたRSモデルでは、チタンとカーボンファイバーふたつの素材を使用することで、総重量を22gまで削減することに成功。アクティブな場面での使用は勿論、品格のある佇まいは、いかなるシーンでも使用することができる。いままでに類を見ない、アップルウォッチのアクセサリー製品でもっとも高品質かつ遊び心溢れるプロダクトとなっている。

 操作性を損なうことなく、外観をアップグレードする為に、アップルウォッチ側面のデジタルクラウンとプッシュボタンに連動するように設計された機構を採用。これは、ゴールデンコンセプト特有の技術だ。また、ケースを3層に分けることで、素材や色の違いによってより個性的なデザインを作り上げることを可能とした。

 全体を覆うように装着されるケースは、ひと目ではアップルウォッチと分からない非常に特徴的な外観を持っていながらも、装着方法はアップルウォッチに付属のネジで止めるだけ。バックケースは円形状にくり抜かれており、ケースを装着したままでの充電も可能となっている。ボディカラーは、全6色のラインナップだ。

●ゴールデンコンセプト「アップルウォッチケース RS」製品概要

・互換性:44mm アップルウォッチシリーズ4/5/6およびSE
・ケース:チタン、PLYカーボン
・ケースサイズ:45mm×50mm
・防水:アップルウォッチの防水性に準ずる
・ケース厚:13.8mm
・ブレスレット:ラバーストラップ、展開式バックル
・重量:22グラム(アップルウォッチを含めて60グラム)
・付属品:取り扱い説明書、ドライバー、ラバー製の保護カバー

Gallery:【画像】日本初上陸の高級アップルウォッチケース「ゴールデン コンセプト」を画像で見る(20枚)