ポルシェ新型「911」に「GTS」が遂に登場! 見た目控えめな「大人911」とは?

ポルシェジャパンは、新型「911 カレラGTS」、新型「911 カレラ GTS カブリオレ」、新型「911 カレラ 4 GTS」、新型「911 カレラ 4 GTS カブリオレ」および新型「911 タルガ 4 GTS」の予約受注を、2021年6月23日より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始した。

911シリーズに5つのバージョンを追加

 ポルシェジャパンは、新型「911」シリーズにスポーティな「GTS」モデルを追加、2021年6月23日から予約受注をスタートした。

ポルシェ新型「911カレラGTS」

●新型「911 GTS」シリーズの価格は?

 タイプ「992」の発売から約2年半を経て、新たに加わったのは、「911 カレラGTS」、「911 カレラ GTS カブリオレ」、「911 カレラ 4 GTS」、「911 カレラ 4 GTS カブリオレ」および「911 タルガ 4 GTS」の5車種である。車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

・新型911 カレラ GTS:1868万円
・新型911 カレラ GTS カブリオレ:2093万円
・新型911 カレラ 4 GTS:1974万円
・新型911 カレラ 4 GTS カブリオレ:2199万円
・新型911 タルガ 4 GTS:2199万円

●新型「911 GTS」シリーズはどんなクルマ?

 ポルシェが911にGTSシリーズを導入したのは12年前となるタイプ「997」の時代で、それ以来、とくにスポーティなこのシリーズは高い人気を博してきた。

 そして新型911 カレラ GTSシリーズはこれまで以上にパワフルで、特徴的な外見と優れたドライビングダイナミクスを備えており、水平対向6気筒エンジンが最高出力480psを発生するという。これは、現在の911 カレラ Sと先代の911 GTSを30ps上回るパワーである。

 さらに、8速ポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)または7速マニュアルトランスミッション、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を備えたGTS専用サスペンション、および「911 ターボ」由来の高性能ブレーキシステムが、優れた前後方向と横方向への力の伝達を実現。GTSで初めて採用されたライトウエイトデザインパッケージは最大25kgの軽量化が施され、ドライビングダイナミクスをさらに向上させた。

 また、ニューモデルの控えめでスポーティなルックスは、ブラックが対照的なボディエレメントとティンテッドヘッドライトが特徴となっている。ブラックはインテリアの主要カラーでもあり、Race-Texマイクロファイバーの数多くの装備が、ダイナミックでエレガントな雰囲気を強調。それらに加え、最新世代のポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)は、操作とコネクティビティが大幅に改善されている。

●新型「911 GTS」シリーズの技術解説

 新型911 カレラ GTSの3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは、最高出力480psと先代を20Nm上回る最大トルク570Nmを発生。8速ポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)を装備した911 カレラ4 GTSクーペの0-100km/h加速タイムは、先代を0.3秒上回る3.3秒となる。

 日本国内ではとくに純粋なドライビングプレジャーを追求するドライバーのために、リア駆動クーペモデルである911 カレラ GTSの専用装備としては、ショートストロークの7速マニュアルトランスミッションが設定された。

 GTS専用にチューニングされた911ターボ由来のサスペンションは、精確なパフォーマンスの要求を満たしており、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)によって、ダンパーは瞬時にダイナミックな変化に応答する。

 クーペとカブリオレにはPASMが標準装備されており、10mm低く設定されたスポーツシャシが組み合わされた。そしてターボモデルに由来するリアステムのヘルパースプリングコンセプトによって、すべての走行条件でリバウンドに変更なくメインスプリングに張力がかけられるという。一方の911 タルガ 4 GTSには、PASMを装備した911 タルガ 4Sシャシが採用されることになる。

 GTSのブレーキは911 ターボの高性能ブレーキシステムを利用するが、パフォーマンスの向上に合わせて制動性能の調整もおこなわれている。

Gallery:【画像】ポルシェ「911」モデルに追加されたスポーティなGTSモデルを画像で見る(12枚)